hatohol-server

[更新: 2017年01月18日]

さくらのクラウドのスタートアップスクリプト「hatohol-server」に関するページです。

1. 概要

hatohol-server を簡単にインストールすることが出来るスタートアップスクリプトです。

項目 概要・バージョン
対応OS CentOS7.x
ZabbixサーバのIPアドレス インストール時に入力、複数指定可能(未入力の場合は登録されません)
Web-UIのAdminパスワード インストール時に設定推奨(未入力の場合デフォルトパスワード)
Web-UIのポート デフォルト:80番ポート
インストール時に1024~65534の間で設定可能

※2017年01月12日現在

2. 利用手順

「hatohol-server」スタートアップスクリプトは以下の手順で作成・設定を行います。

サーバの作成手順(1)

左メニューの「サーバ」をクリックし、右上の「追加」をクリックします。

サーバ作成時に、シンプルモードのチェックを外します。

アーカイブは、[CentOS7.x]を選択します。

サーバの作成手順(2):スタートアップスクリプトの指定

配置するスタートアップスクリプト

[hatohol-server]を選択します。

hatoholに登録するZabbixサーバのIPアドレス(ipv4)

  • テキストボックスに、1行に1つづつ入力してください(複数指定可能)。
  • ZabbixのWeb-UIのポートを80番以外に変更している場合はIP Address:PortNumberの形式で入力してください。
  • ZabbixのWeb-UIのAdminアカウントのパスワードを変更している場合はIP Address::Password の形式で入力してください。
  • ZabbixのWeb-UIのPortNumberも変更している場合はAddress:PortNumber:Passwordの形式で入力してください。入力しない場合はサーバ登録なしの状態でインストールされます。

hatohol WebのAdminアカウントのパスワード変更

ZabbixのWeb-UIにログインする際に使用するAdminアカウントのパスワードを設定します。入力しない場合はデフォルト値となります。

httpdのport番号変更

1024~65534の範囲で指定します。入力しない場合はデフォルト値(80)となります。

hatohol Webへのログイン

Webブラウザを使用し、 http://IP Address:PortNumber/hatohol/ に接続します。

ログイン画面が表示され、ログインに成功してダッシュボードが表示されたらインストールは成功しています。