2020/09 石狩第1ゾーン 旧プラン環境閉鎖

[更新日:2019年10月29日]

概要

2018年9月に石狩第1ゾーンにて提供を開始した新プランと並行し、機能を限定した上で継続提供しております旧プラン環境ですが、今後見込まれるサーバ・ストレージ設備の耐用年数超過や老朽化に伴い、メンテナンスの増加や障害発生時の復旧の長期化などによりお客様への提供品質を一定水準に保つことが困難となることが予想されております。そのため、誠に勝手ながらゾーン開設より9年を迎える2020年9月を持ちまして旧プラン環境を閉鎖させていただくこととなりました。
本ページでは閉鎖までの具体的なスケジュールや、IPアドレスなど既存の環境のまま行うケースを含めた旧プラン環境から新プラン環境への移行手順についてご案内いたします。石狩第1ゾーン旧プラン環境をご利用のお客様には大変ご面倒をおかけいたしますが、ご一読の上ご対応をお願いいたします。

対象のリソース

移行対象となるリソースは以下のとおりです。

  • 石狩第1ゾーン 旧プランのサーバ
  • 石狩第1ゾーン 旧プランのディスク

注釈

旧プランのサーバおよびディスクについては、コントロールパネルの各リスト画面で「旧プラン」の表示がされます。

../_images/is1a-oldplan-closed-02.png

(リソースが全て新プランで動作している場合は新旧表示は省略され、以降は対応が不要となります)

  • 石狩第1ゾーン 2018年9月27日以前に作成されたVPCルータ/ロードバランサ/NFS の各アプライアンス

注釈

アプライアンスではサーバやディスクと異なり、コントロールパネル上で旧プラン表示はされません。作成日時より判別をお願いいたします。

../_images/is1a-oldplan-closed-03.png

スケジュール

閉鎖までのスケジュールは以下を予定しております。

注釈

現時点で予定されているスケジュールとなり、諸事情により変更となる場合があります。その際は石狩第1ゾーン旧プランご利用のお客様に向け随時お知らせいたします。

2019年7月31日

この日を持ちまして、旧プランでの以下の操作が行えないようになります。

  • サーバの新規作成
  • ディスクの新規作成
  • OS再インストール
  • 旧プラン→旧プランへのプラン変更
  • API経由での操作

重要

2019年8月1日以降、石狩第1ゾーンにおいてサーバ・ディスクの作成が可能となるのは新プラン環境のみとなります。また、プラン変更は新プランへの変更のみとなります。

また、翌8月1日より、旧プラン環境で動作する

  • VPCルータ
  • ロードバランサ

のアプライアンスについて新プラン環境への移行作業が行える状態となります。

移行作業の詳細については こちら の項目を参照ください。

2020年9月30日

この日を持ちまして、旧プランでのサービス提供をすべて終了いたします。旧プラン環境内のサーバについては停止され、ネットワークやコンソールへのアクセスはできなくなります。
ディスクは削除され、データについては復旧ができない安全な方法で削除します。

重要

削除されたサーバのIPアドレスやディスク内のデータなどのリソースは復元できなくなります。お客様におかれましてはこの日までの移行作業をお願いいたします。

サーバ・ディスクの新プランへの移行方法

旧プラン閉鎖日以降も引き続き旧プラン内のサーバ・ディスクをご利用になりたい場合は新プランへの移行作業が必要となります。この項目については具体的な移行手順についてご案内します。

新プランの移行方法については、現在の旧環境内で割り当てられているIPアドレスが変更されるかどうかに応じて以下の2つの方法を選択できます。

  旧環境と同一のIPアドレスを利用したい 旧環境のIPアドレスから変更されても可
移行方法 ディスクコピー→サーバプラン変更 クローン機能
操作に関する制限 移行対象のサーバごとにディスクコピー操作とサーバプラン変更操作を個別に行っていただく必要があります。 ディスクやNICが2個以上搭載されている場合、2個目以降はディスクコピー操作やNIC手動追加操作が必要となります。

同一のIPアドレスでの移行方法

「ディスクコピー」の操作と「サーバプラン変更」の操作を行います。これにより共用ネットワークに接続されたNICのIPアドレスが変更されることなく移行作業を実施いただけます。また パケットフィルタ などの機能も旧環境と同様に新環境でご利用いただけます。

ディスクコピー

重要

旧プラン環境で提供の「20GB 標準(HDD)プラン」については新プランでは提供しておりません。代替プランとして20GB 標準プランと同価格でより高性能な「20GB SSDプラン」をご利用ください。

ディスクコピーにより新規に作成する新プランのディスクに内容をコピーすることで移行を行います。対象の旧プランディスクを選択し、右上にある「コピー」ボタンをクリックします。コピー先は「ディスク」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

コピー先ディスク設定画面が表示されるので、最上部の世代選択ラジオボタンでは「新プラン」を選択します。ソースとなるディスク選択で移行したいディスクが選択され、ディスクサイズで同じ容量が選択されていることを確認後、「作成」ボタンをクリックします。

注意

OS再インストール の操作を行った際も自動で新プランに変換されます。合わせて接続されているサーバの世代についても新プランへのプラン変更をお願いします。

プラン変更

旧プランのサーバを一旦停止後、プラン変更 を実施することで新プランに移行可能です。変更先プランは「新プラン」のものを選択します(移行と同時に旧プランと異なるスペックに変更することも可能です)。

注意

新プランに移行したサーバは旧プランに接続されたディスクを接続する事はできません。新プランに移行させたいサーバに接続されているディスクが旧プランの場合、先にディスクを新プランに移行する、または次項で説明するクローン機能を使用した移行方法をご検討ください。
また、移行後のディスク再接続時は、ディスク名やディスクのリソースIDを確認いただき、移行作業前と同じ順番で接続(ディスク接続番号の若い方から接続)を行ってください(接続手順については サーバへのディスクの接続・取り外し を参照ください)。

IPアドレスからの変更を許容できる場合の移行方法

旧プラン利用時に割り当てられたIPアドレスから変更しても問題ない場合、クローン機能を利用することでより簡単に新プランへ移行することが可能です。クローン機能の詳細については クローン機能 のページを参照ください。

重要

クローン機能は一旦複製として作成されるため、共有ネットワークよりIPアドレスが割り当てられている場合は現在のIPアドレスから変更されます(ルータ+スイッチなど、お客様に固定的に割り当てられたIPアドレスを使用している場合は問題ありません)。共有ネットワークから割り当てられたIPアドレスを変更せずに新プランへ移行する手順が必要となる場合は、クローン機能を使用せずにサーバとディスクそれぞれを個別に新プランへ移行する必要があります。
また、2個以上のNIC、2台以上のディスクが接続されている場合、それぞれの2個目・2台目以降は手動での追加設定やディスク個別にコピー作業を行う必要があります。

新プランをご利用される上での注意点につきましては 石狩第1ゾーン 新プラン のページを参照ください。

サービスダウンを最小限に抑えた大容量ディスクの移行

1TB以上の大容量のディスクを新環境に移行する場合、ディスクコピーやクローンに1時間以上かかる場合があります。そのため、サーバ停止時間をなるべく少なく移行したい場合は以下のような手順で移行を進めることを推奨します。

注意

RDBMSのバイナリデータなど、ファイルシステムのコピーでは完全に移行できない場合があります。その場合は以下の手順による同期は使用しないでください。

  1. 旧環境サーバを稼働させたままディスクコピーを実行
  2. 新環境にコピーされたディスクを、パブリックISOイメージ「Arch Linux」やClonezillaなどのバックアップ用ツールをCDブートさせたサーバに接続して起動(サーバは旧プラン環境サーバへの接続性のあるネットワークに接続)
  3. 旧環境サーバのサービスを停止し、サービスで利用するデータの更新が行われない状態にする
  4. ディスクコピー完了後の旧環境側での更新差分を吸収するため、新環境のバックアップツール内でrsyncなどネットワーク越しに差分同期可能なツールを使用して新環境に移行したディスクとの同期を実行
  5. 同期完了後、サーバからCDの取り出し操作を行い、新環境側のサーバを起動

注釈

ネットワーク越しにデータの差分同期を行えるツールについては 日本Arch Linuxユーザ会バックアッププログラム のページを参照ください。

NFSアプライアンス

NFSアプライアンスはクローン機能を利用することで新プランに移行することが可能です。現在石狩第1ゾーンでNFSアプライアンスを新規作成すると新プラン環境に作成されます。作成時は旧プラン環境内のNFSアプライアンスを クローン元として指定して作成 することでディスク内容をそのままに移行できます。

注釈

NFSアプライアンスの一覧表示画面ではサーバと同様に「新プラン」または「旧プラン」が表示されます。「旧プラン」表示のNFSアプライアンスは移行対象となります。

VPCルータ・ロードバランサ

VPCルータとロードバランサについては、コントロールパネルのボタン操作によりお客様任意のタイミングで移行作業を行うことが可能です。

旧プラン環境内のアプライアンスを選択すると、コントロールパネル上部に「新環境に移行する」ボタンが表示されます。

ボタン押下後は画面の指示に従って移行作業を行って下さい。

注意

移行作業完了後は新プラン環境内でアプライアンスが自動的に電源オン状態となります。事前に移行先となる新環境内に稼働中のアプライアンスと同一のVRIDが付与されていないかを確認し、必要に応じで移行作業前に変更を行ってください。VRIDが重複する状態で移行すると、完了後に双方のアプライアンスがうまく動作しなくなる恐れがあります。
また、移行作業中は電源操作や設定変更を行わないでください。正常に完了しない恐れがあります。

完了後はアプライアンスの一覧画面より「旧環境」のラベルが表示されなくなっていることを確認ください。

移行作業時のダウン時間・ダウン回数について

移行作業時はサービスの停止が発生します。アプライアンスの種類やプランごとのダウン時間・回数は以下の通りです。

種類/プラン ダウン時間・回数
ロードバランサ 冗長あり 10秒程度の両系統の同時停止が最大2回
冗長なし 約3分程度の停止が1回
VPCルータ スタンダード 約3分程度の停止が1回
ハイスペック/プレミアム 約30秒程度の両系統の同時停止が最大2回

注意

いずれも移行作業全体の完了までに10分程度かかります。

移行ツールについて

さくらのクラウドでは、旧プランで作成されたサーバとディスクを簡単に新プランに移行するツールを GitHub上で公開 しています。このツールを使用することで、ネットワーク構成を変えずに機能や価格で有利な新プランに簡単に移行することが可能です。

注意

複数台のサーバを指定する場合には処理は並列で実行されます。冗長構成などを組まれている場合には同時に実行されないようご注意ください。

必要な環境

ツールのご利用にあたり、以下の条件を満たす必要があります。

  • 移行対象のサーバに対して操作権限を持つ APIキー が発行されていること。
  • 移行対象のサーバがACPIに対応していること。
    ※ACPI非対応の場合はツールからの電源オフ操作が行えないためエラーで中断されます。この場合はツール実行前に手動での電源オフ操作をお願いします。
  • 移行ツールが動作するLinux, FreeBSD, Windows, MacOSなどのCLI環境が利用可能であること(移行対象のサーバ内でツールを動作させて移行することはできません)。

また、ツールの実行時に必要となる

  • APIキー(アクセストークンとアクセストークンシークレットの組)
  • ツール実行時に指定する移行対象サーバのリソースID, 名前, タグなどの情報

をあらかじめ控えておきます。

ツールのダウンロード

ツールは こちら よりダウンロードできます。ファイル名末尾にツールが動作する環境を示す名称(linux-amd64 = 64ビット環境Linux用など)が付与されているので適切なものをダウンロードします。

ダウンロードしたアーカイブはzip圧縮されているのでunzipコマンドなどで展開します。

ツールの実行

展開したディレクトリ内の cloud-plan-migrate がツールの本体となります。ここに移行対象となるサーバのリソースIDを引数に指定し実行します。

$ cloud-plan-migrate <サーバのリソースID または名前>

注釈

移行したいサーバが複数ある場合は、引数に複数のリソースIDを指定することが可能です。また、リソースIDのほか、サーバの名前で指定することも可能です(同一名称のサーバが複数存在する場合は全てに対し実行されます。日本語など多バイト文字を使用している場合はターミナルの設定にご注意ください)。

その他、 --selector オプションを使用し任意のタグ名を引数に実行することで、対象のタグを付与したサーバを一括して実行することが可能です。旧プランに大量のサーバがある場合、移行対象とするサーバに専用のタグを付与することで容易に移行ツールを実行することができます。

$ cloud-plan-migrate --selector <タグ名>

実行後、入力プロンプトが表示されるのでここでトークンとシークレットを入力します。

Your API AccessToken is not set
   Enter your token: <アクセストークンを入力>
Your API AccessTokenSecret is not set
   Eneter your secret: <アクセストークンシークレットを入力>

ツールによる移行作業の実行

対象サーバやAPIキー情報など、サーバ以降に必要な情報を取得した後は自動的にツールが移行作業を実施します。ツールが実行する主な作業は以下の通りです。

  1. サーバが起動している場合はシャットダウンする
  2. ディスクの切断
  3. 各ディスクをクローンし新プランのディスクを作成
  4. ディスクの接続
  5. サーバのプラン変更
  6. サーバ起動(デフォルト:有効、オプションで無効化可能)
  7. 旧ディスク削除(デフォルト:無効、オプション指定時のみ有効)

また、処理中は画面に対象となるリソースの移行進捗状況が表示され、カレントディレクトリ配下に migrate-[yyyyMMdd-HHmmss].log 形式でログが逐次出力されます。

注意

対象となるサーバに、ディスクが接続されていないもの、または既に新プランに移行しているものが1台でも含まれる場合はエラーとなり、移行作業は実行されません。

その他のコマンドオプション

先に紹介した --selector オプションのほか、以下のコマンドラインオプションが使用できます。

  • --token : APIキー(アクセストークン)を指定。環境変数 SAKURACLOUD_ACCESS_TOKEN でも指定可能です。
  • --secret : APIキー(アクセストークンシークレット)を指定。環境変数 SAKURACLOUD_ACCESS_TOKEN_SECRET でも指定可能です。
  • --disable-reboot : プラン移行完了後、サーバの起動操作を行いません。
  • --cleanup-disk : プラン移行完了後、旧プランのディスクを削除します。
  • --assumeyes または -y : 移行作業実行前の確認を省略します。

注意

--token , --secret オプションを使用した場合、実行後の入力プロンプトは表示されませんが、他のログイン中のユーザが実行中のプロセスを確認した際にAPIキー情報が表示される場合があります。十分注意の上ご利用ください。
また、複数のサーバを指定して実行した場合はそれらが並列に処理されるため、同時に電源が停止する期間が発生します。冗長化構成のサーバはサービスの全停止を避けるため、それぞれ別に移行作業を実施してください。

よくある質問

Q. 新プランへの移行メリットにはどのようなものがありますか?

旧プランと比較した新プランの特徴は以下の通りです。

  • 同一性能プランにおいて値下げを行っています。

各プランごとの価格差(旧プラン税抜額から新プラン税抜額を引いた差額)は以下のとおりです。

※料金についての詳細は サービスサイト を参照ください。

  • これまで未提供だった以下ストレージプランが他のゾーンと同様に作成可能となります。
    • SSD 40GB
    • SSD 1TB
    • SSD 2TB
    • SSD 4TB
    • 標準プラン 8TB
    • 標準プラン 12TB

Q. ディスコピーの目安時間はどれくらいですか?

問い合わせの混雑状況により左右されます。以下については目安として捉えていただきますようお願いいたします

  • 20GBプラン: 3分程度
  • 100GBプラン: 10分程度
  • 250GBプラン: 20分程度
  • 500GBプラン: 40分程度
  • 1TBプラン: 3時間程度
  • 2TBプラン: 5時間程度
  • 4TBプラン: 10時間程度

ヒント

日中の時間帯が比較的空いており、待ち時間・実行時間が短縮する傾向があります。

Q. 現在20GB 標準プランを利用しています。何に乗り換えればいいですか?

同一価格にてよりパフォーマンスの高い20GB SSDプランを提供しております。ディスクコピー時にはこちらを選択頂ますようお願いいたします。

Q. 移行作業の代行をさくらに依頼できますか?

さくらインターネットでは移行作業の代行はお受けしておりません。

Q. 閉鎖後に残っているサーバやディスクはどうなりますか?

現時点ではサーバやディスクについては削除させていただきます。

Q. 月額ライセンス商材を利用しています。どのようにすればいいですか?

月額ライセンスの商材についてはお手数ですが下記問い合わせ窓口より弊社にご連絡をお願いいたします。当月または翌月のご利用分より相殺させていただきます。

Q. Sophos UTMやNetwiser VEを利用しています。どのようにすればいいですか?

移行手順についてご案内いたします。弊社お問い合わせ窓口より弊社にご連絡をお願いいたします。

お問い合わせ先

石狩第1ゾーンの旧プランの移行に関するお問い合わせについては下記カスタマーセンターへご連絡の程よろしくお願いいたします。

さくらインターネット カスタマーセンター