RAID構成の操作

このページについて

このページは、RAID構成を操作するときによく使われるコマンドのリファレンスを紹介しています。
OSや環境によって、パラメータやオプションが異なる場合があります。対象のサーバー上のコマンドのヘルプ、パラメータ、構成などを確認して行ってください。

RAIDとは

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks) は、 接続された複数の物理ディスクを ひとつのドライブのように認識・表示させる技術のことです。

物理ディスクが壊れた時の可用性の向上や、読み込み・書き込みの高速化など、RAIDモードごとにさまざまな特長があり、用途に合わせて構築を行なうことができます。

よくあるRAID構成

名称

説明

RAID0
「単純構成で高速化」
データをブロックに分割し、複数の物理ディスクに同時に書き込むため「ストライピング」と呼ばれる。
分散したストレージの数だけ2倍、3倍と高速化されるが、可用性を上げる仕組みがなく、1台でもストレージが破損すると
復旧できない。
RAID1
「二重化というシンプルな 可用性を上げる仕組み」
同じデータを同時に2つの物理ディスクに保存するため「ミラーリング」と呼ばれる。
保存できるデータは半分になるが、片側の物理ディスクが破損しても影響はない。
RAID5
RAID6
「高速と可用性を両方を上げる仕組み。だが多少複雑」
複数の物理ディスクにデータを書込み、同時にパリティーと呼ばれる「誤り訂正符号」をすべての物理ディスクに書き込む。
速度の向上と可用性を両立している。また、RAID5,6でパリティーに費やす容量が異なり、「構成物理ディスク数」や
「実効容量」「耐障害物理ディスク数」に違いがある。
RAID10
「RAID0とRAID1の二つのメリットの組合せ」
「RAID0構成」2組を、さらにRAID1で構成し、速度と二重化を両立した仕組み。
「RAID1+0」とも呼ばれる。構成がシンプルなので可用性を上げる仕組みとしてはよく利用される。

Note

紹介した他にも可用性を上げるRAIDの種類、組合せがあります。運用状況、運用コストに合わせて選択するとよいでしょう。

RAIDを構成する前に

  • RAIDモードによって必要となる物理ディスクの本数が異なります。サーバー構成が構成要件を満たしているかあらかじめ確認しておきましょう。(例: RAID10の構成には最低4本の物理ディスクが必要)
  • RAIDの構成を変更すると保存されているデータはすべて削除されます。
    運用中のサーバーの構成を変更するときは、データのバックアップを忘れずにおこないましょう。

RAID構成操作ツール

RAID構成操作画面(コンソール)

RAIDの構成変更は、コントロールパネル内のRAID専用コンソールから行います。
コントロールパネル>サーバー>RAID設定 を参考に、コンソールを起動しましょう。

Note

コントロールパネルのRAID設定コンソールでは、後述するRAID構成ツール以外のコマンドや操作は実行できないように制限されています。

RAID構成操作ツール(StorCLI)

このセクションでは、以下のツールの利用方法ご紹介します。

名称

説明

StorCLI

コマンドラインからRAID構成を操作するツール(CLI)です。

StorCLI

StorCLIとは

「StorCLI」は、RAIDコントローラーを構成・モニターするための「コマンドライン・インターフェース(CLI)」です。

StorCLIでは出力結果に色々な単語、短縮語が用いられています。
応答結果などで登場する単語についてあらかじめご紹介します。
Ctl
Controller index
コントローラーインデックス、コントローラー番号
PD, PDs
Physical disk
物理ディスク
VD, VDs
Virtual disk
仮想ディスク
EID, e
Enclosure ID
スロット番号
エンクロージャーIDとの組み合わせで「e:s」と表記される場合があります
Slot, slt, s
Slot No
スロット番号
エンクロージャーIDとの組み合わせで「e:s」と表記される場合があります
raid[TypeNo]
r[TypeNo]
RAIDモードの種類
「raid0」「raid1」や「r0」「r1」という表現になります
コマンドのバージョンによって、引数・表現方法が異なる場合があります。

RAID構成操作リファレンス

RAID構成を操作するコマンドについて説明します。

重要

  • RAID構成を操作するコマンドの実行には管理者権限が必要です。マニュアルではあらかじめ管理者権限であることを前提にしています。

  • コントロールパネルの「RAID設定」からLiveCDを起動してRAID構成を操作する場合は、コマンドの冒頭に権限昇格コマンド「sudo」を付けてください。

コマンドの基本書式

コマンドはコマンド名とオプションをつけて実行します。

storcli <オプション>

実行例について

入力サンプル内では、コントローラー番号やエンクロージャーID、スロット番号は以下の値を用いています。

コントローラーインデックス(Ctl)

0

エンクロージャーID(EID)

252

スロット番号(slt)

1,2,3 ...

仮想ディスク番号(VD)

0,1 ...

物理ディスク番号(PD)

0,1,2,3 ...

バージョンを表示する

バージョン
 storcli -v

ヘルプを表示する

具体的なオプションの説明はヘルプに記載されています。

ヘルプ
 storcli -h

RAIDの構成情報を表示する

構成と概要を表示する
コントローラー番号やモデル名の表示
storcli show
コントローラー情報と
物理・仮想ディスクの接続状態を
表示する
すべてのコントローラーの接続状態や「VD」「PD」情報などの表示
storcli /call show
コントローラー番号0を指定することもできます
storcli /c0 show
仮想ディスク(VD)情報を
表示する
すべての仮想ディスクの状態を表示
storcli /call/vall show
コントローラー番号0、VD1を指定する場合は以下のようになります
storcli /c0/v1 show
物理ディスク(PD)情報を
表示する
すべての物理ディスクの状態を表示
storcli /call/pall show
コントローラー番号0、物理ディスクの番号2を指定する場合は以下のようになります
storcli /c0/p2 show

RAIDアレイを作成する

構成したいRAIDモードと、物理情報(エンクロージャー番号、スロット番号)を指定してRAIDを作成することができます。

基本書式
 storcli /c[ctrl] add vd type=[raid-type] drives=e:s,e:s ... [option...]
RAID0
storcli /c0 add vd type=raid0 drives=252:2,252:3
RAID1
 storcli /c0 add vd type=raid1 drives=252:2,252:3
RAID5
 storcli /c0 add vd type=raid5 drives=252:2,252:3,252:4
RAID10
 storcli /c0 add vd type=raid10 drives=252:2,252:3,252:4,252:5 pdperarray=2

Note

RAIDの構成、仮想ディスクを作成した後は、OS公式ドキュメントやヘルプを参考に、ファイルシステムの作成、パーティショニングなど必要な操作を行なってください。

RAID構成を削除する

仮想ディスク(VD)を廃棄するとともに、RAID構成を削除します。

警告

この操作を行うと、仮想ディスク上のデータはすべて消去されます。
必ずバックアップしてから実行してください。
基本書式
storcli /c[ctrl]/v[vd] del [force]
削除
storcli /c0/v1 del

仮想ディスクを削除した後は、新しくRAIDを構成することができます。

運用と保守

RAIDの状態を確認する

「コントローラー情報」の「VD LIST」の項目で状態を確認することができます。

Stateに Optimal(Optl) 以外が表示されている場合は、RAID構成のいずれかに異常が発生していることを示します。

代表的なState一覧(VD LIST)

Optl

Optimal:正常な状態。

Dgrd

Degrade:RAIDの状態に異常が発生している

Rbld

Rebuild:リビルド中

基本書式
storcli /call show
正常時
 ...
 VD LIST :
 =======
 --------------------------------------------------------------
 DG/VD TYPE State Access Consist Cache Cac sCC Size Name
 --------------------------------------------------------------
 0/0 RAID1 Optl RW Yes RWBD - OFF 893.75 GB
 1/1 RAID1 Optl RW No RWBD - OFF 893.75 GB
 --------------------------------------------------------------

どちらのVDも正常(Optl)であることがわかります。

異常時
 ...
 VD LIST :
 =======
 --------------------------------------------------------------
 DG/VD TYPE State Access Consist Cache Cac sCC Size Name
 --------------------------------------------------------------
 0/0 RAID1 Optl RW Yes RWBD - OFF 893.75 GB
 1/1 RAID1 Dgrd RW No RWBD - OFF 893.75 GB
 --------------------------------------------------------------

VD0が正常(Optl)、VD1が異常(上記ではDgrd)であることがわかります。

物理ディスクの状態を確認する

「コントローラー情報」の「PD LIST」項で状態を確認することができます。

意図的に操作・作業していないのであれば「Onilne(Onln)」以外のステータスは、すべて物理ディスクの状態が異常であることを示します。

代表的なState一覧(PD LIST)

Onln

Online:正常な状態。

Offln

Offline:コマンドにより意図的にoffline にされている、もしくは障害が起きている

UBad

Unconfigure Bad:故障が起きている。DiskがRAIDコントローラーから外れた状態

UGood

Unconfigure Good:未使用

Rbld

Rebuild:リビルド中

基本書式
storcli /call show
正常時
 ...
 PD LIST :
 =======
 ---------------------------------------------------------------------------
 EID:Slt DID State DG Size Intf Med SED PI SeSz Model Sp
 ---------------------------------------------------------------------------
 252:0 1 Onln 0 893.75 GB SATA SSD N N 512B INTEL SSDSC2KB960G7 U
 252:1 3 Onln 0 893.75 GB SATA SSD N N 512B INTEL SSDSC2KB960G7 U
 252:2 2 Onln 1 893.75 GB SATA SSD N N 512B INTEL SSDSC2KB960G7 U
 252:3 0 Onln 1 893.75 GB SATA SSD N N 512B INTEL SSDSC2KB960G7 U
 ---------------------------------------------------------------------------

上記では4つの物理ディスクがすべて正常(Online/Onln)となっています。

異常時
 ...
 PD LIST :
 =======
 ---------------------------------------------------------------------------
 EID:Slt DID State DG Size Intf Med SED PI SeSz Model Sp
 ---------------------------------------------------------------------------
 252:0 1 Onln 0 893.75 GB SATA SSD N N 512B INTEL SSDSC2KB960G7 U
 252:1 3 Onln 0 893.75 GB SATA SSD N N 512B INTEL SSDSC2KB960G7 U
 252:2 2 UBad - 893.75 GB SATA SSD N N 512B INTEL SSDSC2KB960G7 U
 252:3 0 Onln 1 893.75 GB SATA SSD N N 512B INTEL SSDSC2KB960G7 U
 ---------------------------------------------------------------------------

上記では252:2の物理ディスクに異常が発生している(上記ではUBad)ことがわかります。

進行中のリビルドの確認

リビルドの進捗は以下のコマンドで確認することができます。

基本書式
storcli /call/eall/sall show rebuild
出力結果
 Controller = 0
 Status = Success
 Description = Show Drive Rebuild Status Succeeded.
 ----------------------------------------------------------
 Drive-ID Progress% Status Estimated Time Left
 ----------------------------------------------------------
 /c0/e252/s0 - Not in progress -
 /c0/e252/s1 - Not in progress -
 /c0/e252/s2 4 In progress 33 Minutes
 /c0/e252/s3 - Not in progress -
 ----------------------------------------------------------

進捗(%)と終了までの時間(分)が表示されます。

ストレージに異常が発生したら・・・?

異常が発生したときは、以下の情報を取得したうえで、弊社カスタマーセンターへお知らせください。

・会員情報 (会員ID、ご契約者名)
・対象のサービス情報 (サービス名称、サービスコード)
・お困りの内容 (異常の内容)
・サーバーの出力結果(storcli /call show)
  (※出力結果に以下の情報が含まれていることを確認ください)
      ・故障・交換依頼対象の物理ディスクの情報
      ・故障しているコントローラー番号
      ・故障しているエンクロージャーID
      ・故障しているスロット番号