FreeBSD 11 / FreeBSD 12

ここでは、FreeBSD 11 および FreeBSD 12 のインストール方法について説明します。
本ページでは FreeBSD 11 の画像を使用してご案内しています。
他のバージョンをご利用の場合は、差分がある可能性もございますのでご注意ください。

設定手順

インストーラの起動

VNCコンソール画面上にOSのインストーラ画面が表示されます。
「Enterキー」を押し、Welcomeの画面でさらに「Install」を選択して、インストールを開始します。

インストール前の設定

キーボードを設定します。Kepmapを選択します。デフォルトは「US」となります。
利用したいキーボードを選択し、< Select > にカーソルを合わせて 「Enterキー」で次に進みます。

「Continue with < 選択したキーマップ > keymap」を選択し、「Enterキー」で次のステップに進みます。

サーバに設定したい ホストネームを入力し、「OK」で次に進みます。

必要に応じてシステムコンポーネントを選択し、「OK」で次に進みます。

ネットワークの設定

インストールはネットワーク経由で実施するため、先にネットワークを設定します。
さくらのVPSではネットワーク設定を予め設定済みですので、「OK」を選択して次に進みます。

ミラーサイトを選択します。ネットワークの近いところにある公式のFreeBSD FTPサイトを選択し、「OK」で先に進みます。

パーティションの設定

パーティションを設定します。ここでは「Auto (UFS)」に従って設定する方法を説明します。
他の設定方法については省略いたします。公式のインストールマニュアルなどをご参考に設定ください。
「Auto(UFS)」を選択し、「OK」で次に進みます。
利用できるハードディスクの一覧が表示されます。
ここでは「ada0」を選択します。シングルディスクの場合、この画面は飛ばされます。
ディスクの名前はプランによって、「vtbd」となる場合もあります。
ハードディスクの全体を使うので「Entire Disk」を選択したら、「Enterキー」で次に進みます。
ディスクのデータは全部消去されるという確認のメッセージが表示されます。「Yes」を選択します。
パーティションスキームを選択します。
本手順では「MBR」を選択しますが、お客様のお好みのものをご利用ください。
「OK」で次に進みます。
パーティションは自動的に割り当てされているので、特に問題がなければ「Finish」を選択して、「Enterキー」で次に進みます。
この操作によって、ディスクの古いデータは完全に削除されるというメッセージが表示されます。
特に問題なければ「Commit」を選択して、「Enterキー」で次に進みます。

インストール

インストールはしばらく時間かかります。

パッケージの展開が完了後、rootパスワードを設定します。

ヒント

入力したパスワードは画面に表示されません。

その他OSの設定

時刻確認です。問題がなければ「Skip」を選択してください。

起動サービスの選択。必要に応じて使いたいサービスを有効にします。

セキュリティ関係の設定になります。本ページでは特に設定しませんが、適宜設定いただくことを推奨いたします。
適宜選択後に「OK」を選択します。

root以外の一般ユーザの追加。後で追加したい場合は、「No」を選択します。

OSインストールの終了

「Final Configuration」の画面が表示されます。特に追加の設定はなければ、「Exit」でインストールを終了します。

VPSの停止

「Manual Configuration」の設定に進むかどうかを聞かれます。ここでは「No」を選択します。

インストール完了の画面が表示されます。
特に「Reboot」を押す必要はありません。しばらく待つと、シャットダウンが実施します。

VPSホーム画面への移動

VPSコントロールパネルに戻り、「サーバ」をクリックします。

サーバの起動

起動するサーバのチェックボックスにチェックを入れ、「起動」をクリックします。

サーバが起動するとステータスが「稼働中」に切り替わります。