Windows Server 2016

本手順書の対象は「さくらのVPS for Windows Server(V5 バージョン)」です。
本手順書の対象は 標準OSの「Windows Server 2016」および「Windows Server 2019」です。
仮想ディスクパーティション構成を初期提供時から変更している場合は、本手順書の対象外となります。
ディスクの拡張作業を実施するには、Administrator権限が必要となります。

本手順書で想定している仮想サーバのスペックは以下の通りです。実際のスペックはお客様の実環境に合わせてお読み替えください。

プラン 仮想CPU 仮想メモリ容量 仮想ディスク容量
スケールアップ前 1G 2CPU 1024MB 50GiB
スケールアップ後 2G 3CPU 2048MB 100GiB

スケールアップを実施する

スケールアップは「コントロールパネル」からおこないます。
手順の詳細については、 スケールアップ をご覧ください。

ヒント

スケールアップ実施の前に、重要なデータのバックアップ取得をお勧めいたします。

ディスク拡張の準備作業

サーバの起動とログイン

スケールアップ完了後、コントロールパネルの「起動」を押してサーバを起動します。

「コンソール」を選択し、「VNCコンソール」をクリックします。

「Administrator」アカウントでサーバへログインします。
※ サーバへのログインには、リモートデスクトップもご利用可能です。

ディスクを拡張する

ディスクの状態確認

「スタート」ボタンでメニューを開き、「サーバーマネージャー」をクリックします。

「ツール」を選択し、「コンピューター管理」をクリックします。

「コンピューター管理」の左メニュー「ディスクの管理」をクリックします。
「未割り当て」領域がプラン変更後に増設されたディスク領域です。

ボリュームの拡張

ディスクの拡張には2つの方法があります。

  • 新規ボリュームを作成する
  • 既存ボリュームを拡張する

新規ボリュームを作成する

増設した領域を新しいドライブとして利用するため、「未割り当て」領域をマウス「右クリック」で表示される「新しいシンプルボリューム」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

ボリュームサイズを選択し、「次へ」をクリックします。

割り当てるドライブの文字を選択し、「次へ」をクリックします。

設定は既定のままで「次へ」をクリックします。

「完了」をクリックして、ウィザードを閉じます。

「ディスクの管理」や「エクスプローラー」で、ボリュームが正常に作成されていることを確認します。

既存ボリュームを拡張する

「ディスクの管理」で拡張対象となるドライブをマウス「右クリック」し、「ボリュームの拡張」を選択します。

「次へ」をクリックします。

ディスク領域を選択し、「次へ」をクリックします。

「完了」をクリックして、ウィザードを閉じます。

「ディスクの管理」や「エクスプローラー」で、ボリュームが正常に拡張されていることを確認します。