rootのパスワード変更方法

ご利用開始時にrootでログイン後、パスワードを変更する方法です。

さくらのVPSの標準OS「CentOS 6」がインストールされているサーバが対象です。その他のOSでの設定は、各OSのマニュアルをご確認ください。

ログイン情報の確認

さくらインターネットよりお送りしているメールからログインに必要な情報を確認します。

ログイン情報が記載されたメール

  • 件名:[さくらのVPS] 仮登録完了のお知らせ
  • 件名:[さくらのVPS]登録完了のお知らせ

ログインに必要な情報

    • IPアドレス
    • 接続先の指定に利用
    • ユーザ名
    • root
    • 初期パスワード
    • ログインに利用するパスワード

リモートコンソールやターミナルソフトなどを利用して、root でサーバにログインします。

パスワードを変更

パスワードを変更します。

# passwd

「New password:」と表示後、新しいパスワードを入力します。
※ 入力するパスワードは表示されません。

「Retype new password:」と表示後、先ほど入力した新しいパスワードを再度入力します。
※ 入力するパスワードは表示されません。

「all authentication tokens updated successfully.」と表示されればパスワードの変更は完了です。

変更したパスワードでログイン

変更したパスワードを使って root でサーバにログインします。

ユーザ名 root
パスワード 変更したrootのパスワード

ログインができれば root のパスワード変更は完了です。

rootパスワードが不明になった場合

サービス提供時にメールにてお送りしている「仮登録完了のお知らせ」をご確認ください。
「仮登録完了のお知らせ」が確認できない、もしくはご自身でパスワードを変更されている場合、弊社ではパスワードを管理していないため、再発行・再設定のご依頼は承っておりません。
パスワードがご不明な場合は、以下の対応をご検討ください。

  • OS再インストール
  • シングルユーザモード・Rescueモードにて仮想サーバを起動し再設定を行う

注意

OS再インストールを行いますと、仮想サーバのデータは初期化されます。
Rescueモード、シングルユーザモードに関するサポートは行っておりません。