Mailserver

さくらのVPSで提供するスタートアップスクリプト「CentOS Mailserver」に関するページです。

CentOS Mailserver は Posttfix/Dovecot を利用した、ベーシックなメールサーバの構築ができるスタートアップスクリプトです。

メールアカウントの管理には PostfixAdmin を利用し、GUIから操作することが可能です。

GUIでの操作は、Webブラウザから「https://FQDN/postfixadmin/」にアクセスすることでご利用いただけます。

仕様

提供プラン 全てのプラン
バージョン 全てのバージョン
OS CentOS7 x86_64 / CentOS8 x86_64

スクリプト構成

本スタートアップスクリプトの利用により、以下の動作が実行されます。

  • 各種アプリケーションのインストール
  • PostfixAdminの設定
  • Let’s EncryptによるSSL化
  • Postfix/Dovecotの設定

注意事項

DNSレコード(A、MX)設定が必要です。 ネームサーバ利用申請 などをご利用いただき、事前にサーバで利用するドメインの設定をおこなってください。

本スクリプトは、さくらのVPSの「スタートアップスクリプト」機能の一部です。スタートアップスクリプト機能の利用条件やその他詳細については スタートアップスクリプト をご確認ください。

利用手順

CentOS Mailserver 利用時の設定

スタートアップスクリプト 「Mailserver」を選択します。
使用するドメイン名 メールサーバとして利用するドメイン名を入力します。
管理者名 PostfixAdmin の管理者名を登録します。初期メールアドレスとして設定され、PostfixAdmin へのログインに使用します。
管理者パスワード PostfixAdmin へログインする管理者名のパスワード(5文字以上で数字を2つ以上含む)を入力します。
データベースパスワード PostfixAdmin で使用するデータベースのパスワードを入力します。

PostfixAdmin の操作

PostfixAdmin へのログイン

ログイン(メールアドレス) 管理者名のメールアドレス(上記で入力した 管理者名@使用するドメイン名)を入力します。
パスワード 管理者名に設定したパスワードを入力します。

ログイン後に「メールアドレスの追加」や「転送先の追加」など、操作したい項目を選択して設定してください。

メールソフトの設定

メールアドレス追加方法などの設定はレンタルサーバと同様のため、以下のマニュアルをご参考ください。
※ ご利用の環境に合わせて、適宜読み替えをお願いします。

レンタルサーバ メールソフトの設定