SQL Server Express

Microsoft SQL Server Express Edition はエントリレベルの無料のデータベースで、学習や、デスクトップおよび小規模サーバー、データ ドリブンアプリケーションの構築などに適しています。
このエディションは、独立系ソフトウェア ベンダー、開発者、クライアント アプリケーションを趣味で開発する開発者などに最適です。

注意事項

  • SQL Server Express は「さくらのVPS for Windows Server」でご利用いただけます。
  • SQL Server Express を「W768」プランにインストールした場合、ご利用方法によっては正常に動作しない可能性があります。上位プランでの利用をご検討ください。

SQL Server Express をDVDへ挿入する

サーバ一覧からDVDディスクを挿入するサーバをクリックします。

「DVDディスク挿入」をクリックします。

「Microsoft SQL Server Express Edition」を選択して、「DVDディスクを挿入する」をクリックします。

SQL Server Express のインストール

コントロールパネルの「VNCコンソール」、またはリモートデスクトップでサーバにログインします。

エクスプローラーを開き、「デバイスとドライブ」の一覧から「DVDドライブ」をダブルクリックします。

「SETUP」をダブルクリックします。

インストーラーが起動します。

「SQL Server の新規スタンドアロン インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加」をクリックします。

表示されたライセンス条項を確認します。ライセンス条項に同意いただければチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

グローバル ルールのチェックが実行されます。チェックが完了すると自動的に次の項目へ進みます。

「Microsoft Update を使用して更新プログラムを確認する(推奨)」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

セットアップ ファイルのインストールが実行されます。完了すると自動的に次の項目へ進みます。

インストール ルールのチェックが実行されます。チェックが完了したら「次へ」をクリックします。

ヒント

「Windows ファイアウォール」に「警告」が表示された場合も、インストールを進めるため「次へ」をクリックします。

インストールする機能の選択を行います。特に変更がない場合は「次へ」をクリックします。

インスタンスの構成を指定します。特に変更がない場合は「次へ」をクリックします。

サーバーの構成を指定します。特に変更がない場合は「次へ」をクリックします。

データベース エンジンの構成を指定します。特に変更がない場合は「次へ」をクリックします。

Microsoft R オープンのインストールについて、確認画面が表示されます。
内容を確認して同意いただければ、「承諾」をクリックしてから「次へ」をクリックします。

Python のインストールについて確認画面が表示されます。
内容を確認して同意いただければ、「承諾」をクリックしてから「次へ」をクリックします。

SQL Server のインストールが開始され、進行状況が表示されます。完了までしばらくお待ちください。

インストールの完了後、状態がすべて「成功」になっていることを確認して「閉じる」をクリックします。

以上で SQL Server Express のインストールは完了です。「SQL Server インストール センター」の画面を閉じてください。

DVDドライブから SQL Server Express を取り出す

エクスプローラーを開き、「デバイスとドライブ」の一覧から「DVDドライブ」を右クリックでメニューを表示します。
「取り出し」をクリックしてDVDドライブからDVDディスクを取り出します。