WPS Office

「WPS Office」は Microsoft Office 2007 以降の拡張子を含む多くのファイル形式に対応した総合オフィスソフトです。
さくらのVPS for Windows Server にインストールすることで、「ワープロ/プレゼンテーション/表計算」の3つのソフトをご利用いただけます。

WPS Writer(文書作成)

WPS Writerは、文書作成に適したソフトです。論文や契約書といった一般的な文書の作成はもちろん、葉書やチラシなどを作成することもできます。
また、操作性や表示形式をMicrosoft Word 2003(マイクロソフトワード)および2010に最大限近づけており、Microsoft Word(マイクロソフトワード)をお使いになったことがある方にも違和感なくお使いいただける高い互換性を持ったワープロソフトです。

WPS Presentation(スライド資料作成)

WPS Presentationは、会議などで発表するためのプレゼンテーション資料の作成に適したソフトです。表やグラフ、図などを利用したスライドを作成するのに向いています。
また、操作性や表示形式をMicrosoft PowerPoint 2003および2010に最大限近づけており、Microsoft PowerPoint(マイクロソフトパワーポイント)をお使いになったことがある方にも違和感なくお使いいただける高い互換性を持ったプレゼンテーションソフトです。

WPS Spreadsheets(表計算)

WPS Spreadsheetsは、表計算や集計、データに基づいたグラフ作成に適したソフトです。データ管理にも適しているため、住所録や家計簿としてもお使いいただけます。
また、操作性や表示形式をMicrosoft Excel 2003(マイクロソフトエクセル)および2010に最大限近づけており、Microsoft Excel(マイクロソフトエクセル)をお使いになったことがある方にも違和感なくお使いいただける高い互換性を持った表計算ソフトです。

注意事項

  • WPS Office は「さくらのVPS for Windows Server」でご利用いただけます。
  • WPS Office の動作環境は「W1G」以上のプランが対象です。「W768」にインストールした場合、ご利用方法によっては正常に動作しない可能性があります。
  • 有償のオプションサービスです。ご利用にはVPSコントロールパネルからお申し込みが必要です。
本ソフトウェアの利用方法については キングソフト株式会社 へお問い合わせをお願いします。

サポート受付時間
10:00-13:00 / 14:00-17:00(土日祝日を除く)
サポートページURL
https://support.kingsoft.jp (AIチャットボット対応)
サポートメール
wps@kingsoft.jp

WPS Office をDVDへ挿入する

サーバ一覧からDVDディスクを挿入するサーバをクリックします。

「DVDディスク挿入」をクリックします。

「WPS Office Standard Edition」を選択して、「DVDディスクを挿入する」をクリックします。

WPS Office のインストール

コントロールパネルの「VNCコンソール」、またはリモートデスクトップでサーバにログインします。

エクスプローラーを開き、「デバイスとドライブ」の一覧から「DVDドライブ」をダブルクリックします。

「setup_JP_1041_10.8.2.6704_Professional_ltd_4」をダブルクリックします。

インストーラーが起動します。以下の画面が表示されたら、「ライセンス」をクリックして内容を確認します。

ライセンス契約書に同意いただければチェックボックスにチェックを入れ、「インストール」をクリックします。

インストールが開始されます。しばらくお待ちください。

キングソフト株式会社のホームページへアクセスが行われます。
Internet Explorer のセキュリティ設定によりブロックされているメッセージが表示されますが、ここでは先に進むため「閉じる」をクリックします。

セキュリティ警告が表示されます。「今後、この警告を表示しない」のチェックボックスにチェックを入れて、「OK」をクリックします。

以下の画面が表示されると WPS Office のインストールは完了です。
※ ご利用にはライセンスキー(シリアル番号)の入力が必要です。

ライセンスキー(シリアル番号)の入力

WPS Office のインストールが完了すると、アプリケーションを実行するためのショートカットがデスクトップ上に3つ追加されています。
ここでは「WPS Presentation」を実行してライセンスキーを入力する方法をご案内します。

「WPS Presentation」をダブルクリックします。

「名前(N)」を入力して「OK」をクリックします。

「追加」をクリックします。

ライセンスキー(シリアル番号)を入力して「OK」をクリックします。

ヒント

購入済みのライセンスは、コントロールパネルの「各種ライセンス」で確認できます。

ライセンスキーの入力後、しばらくは「起動可能なプログラム」に(未認証)と表示されますが、問題はありません。このまま「OK」をクリックします。

以上でライセンスキーの入力は完了です。ご希望のアプリケーションを起動してご利用ください。

入力したライセンスキーの確認方法

入力したライセンスキーの確認は、左上①からメニューを開き、「ヘルプ」② → 「シリアル管理(M)」③ で可能です。