アプライアンスの基本操作

[更新: 2019年1月30日]

概要

アプライアンスは、サーバと設定済みのソフトウェアを組み合わせて作成される特定の機能を持つ仮想機器です。お客様側でサーバを作成し、OSのセットアップや各種ソフトウェアをインストールする手間なく、必要な機能をすぐにご利用いただくことが可能です。

現在提供中のアプライアンスは以下の通りです。

管理・操作

各アプライアンスでは共通して以下の操作が行えます。

新規作成・管理

アプライアンスはコントロールパネル左側の「アプライアンス」カテゴリ内より選択いただけます。

注意

いずれのアプライアンスも、サーバやディスクなどと同様に選択されたゾーンに作成されます。アプライアンスの新規作成、既存アプライアンスの操作時はコントロールパネル左上のゾーン選択メニューのゾーン表示にご注意ください。

電源操作

アプライアンスはサーバと同様に電源操作が可能です。対象のアプライアンスを選択後、上部にある電源操作メニューで対象の操作を選択します。詳しくは 電源操作 のページを参照ください。

設定の反映

ロードバランサ、VPCルータでは、コントロールパネルでの設定画面が複数個所に渡るため、設定変更結果をアプライアンス側に「反映」する操作が必要となります。設定変更後は必ず「反映」ボタンをクリックしてください。