アプライアンス「データベース」

[更新:2019年9月19日]

アプライアンス「データベース」についての情報です。

概要

アプライアンス「データベース」は、コントロールパネルからの操作でさくらのクラウド上に素早くPostgreSQLまたはMariaDBで構成するRDBMS環境を導入することができる仮想アプライアンスです。ディスク容量や最大同時接続数に応じて6種類のプランを提供しており、規模によって最適なものを選択することで低コストで運用することが可能です。

注意

アプライアンス上ではRDBMSのみが動作し、コンソール操作やお客様独自のアプリケーション等をインストールすることはできません。利用の際は他のサーバ上に構成したアプリケーションなどからネットワークを経由して接続する方式となります。

料金

料金については サービスサイト をご確認ください。

注釈

リードレプリカ としてご利用の場合もマスター側データベースと同一プランの料金での提供となります。

提供プラン

データ領域の容量やサーバスペックにより以下のプランを選択可能です。

プラン名 スペック データ容量 同時接続数
10GBプラン 1コア2GBメモリ 10GB 100
30GBプラン 2コア4GBメモリ 30GB 100
90GBプラン 4コア8GBメモリ 90GB 125
240GBプラン 8コア16GBメモリ 240GB 150
500GBプラン 8コア16GBメモリ 500GB 150
1TBプラン 8コア16GBメモリ 1,000GB 150

注釈

データ容量は格納できる容量の最大値であり、実際に格納できる容量とは異なる場合があります。

仕様

障害時の挙動 障害時は自動復旧プログラムにより自動で再起動します。
詳細は ホストサーバの障害時はどのような動作になりますか? をご参照ください。
※復旧時間目安:10~15分程度(アプライアンスの起動完了まで)
対応RDBMS PostgreSQL / MariaDB
※詳細なバージョンについては作成時のコントロールパネルの表示をご確認ください
DBパスワード設定 可(ユーザ名とパスワードをコントロールパネル上より設定することが可能です)
ポート番号 1024〜65535の範囲で任意に設定可能
※省略時のデフォルトは5432(PostgreSQL)または3306(MariaDB)番ポートとなります
ネットワーク制限 送信元ネットワークをIPアドレス(単体またはネットワーク単位)で指定可能
Webインターフェイス 選択したRDBMSに応じて以下のWebインターフェイス環境を利用可能
MariaDB: phpMyAdmin
PostgreSQL 10系以降: pgAdmin
PostgreSQL 9系まで: phpPgAdmin
バックアップ 手動または指定した時間での自動バックアップ(8世代までの世代管理対応)を取得可
※バックアップは上記データ容量とは別の領域に保存され、データ保存領域を圧迫することはありません
ネットワーク接続先 ・ルータ+スイッチ(グローバルIPアドレスを付与可)
・スイッチ(プライベートIPアドレスを付与可)
RDBMSが出力するログの確認 コントロールパネルよりシステムログを確認可能
リソース利用状況 メモリやディスクの利用量をアクティビティ画面より確認可能

上記に表記以外の各RDBMS固有の仕様についてはそれぞれ以下ページを参照ください。

利用手順

以下の手順で作成・設定を行います。

注意

データベースアプライアンスのネットワーク接続先は 「スイッチ」もしくは「ルータ+スイッチ」 にのみとなります(共有セグメントに接続する事はできません)。作成前に接続先となるスイッチもしくはルータ+スイッチ、割り当てIPアドレス1個を確保してください。

新規作成

左メニューの「データベース」をクリックすると、作成済みのデータベースアプライアンス一覧が表示されます。新たに作成する場合は右上の「追加」ボタンをクリックします。

作成フォームが表示されるので、必要な情報を入力していきます。

レプリケーション リードレプリカ機能 を利用する場合にチェックを有効にします。
※レプリカとして作成する場合だけでなく、自身をマスターとする場合も有効にする必要があります。
クローン元データベース 既存のデータベースを選択することで、同じ内容のデータベースを持つクローンとして作成することができます。
※クローン元よりディスク容量の少ないプラン、異なるRDBMSエンジンを選択することはできません
データベースプラン データベースのプラン、RDBMSエンジンを選択します。
※プランごとにディスク容量のほか、搭載CPU/メモリ、同時接続数が異なります。詳しくは 提供プラン の項目を参照ください。
ユーザ設定 RDBMSのデフォルトユーザ名とパスワードを設定します。
※「レプリケーション」が有効な場合は「レプリカユーザパスワード」の入力フォームが追加表示されます
ネットワーク 接続先のスイッチと、アプライアンスに割り当てるIPアドレスやサブネットマスク、データベース接続用ポート番号を設定します。
送信元ネットワーク チェックを有効にすると入力フォームが表示され、入力されたIPアドレスまたはネットワーク範囲でデータベース接続時に送信元となるネットワークを制限することができます。
WEB UI チェックを有効にするとブラウザでRDBMSを管理するツールがインストールされます。
※インストールされる管理ツールは選択したRDBMSにより異なります。詳しくは 仕様 の項目を参照ください。
バックアップ バックアップ機能を有効にします。
※詳しくは次項を参照ください
名前 / 説明 / タグ / アイコン 接続ごとに分かりやすい名前や説明などの情報を付与することができます。

注意

作成後は選択したプランの変更、接続先スイッチの変更・切断を行うことはできません。

バックアップ機能について

「バックアップ」チェックボックスにチェックを入れるとバックアップ機能が有効になり、バックアップの設定項目が表示されます。

バックアップを実行する間隔(毎日、もしくは指定の曜日)と、バックアップを実行する時間を指定することが可能です。

注意

バックアップはデータベースに格納されているデータ容量が多ければ多いほど所要時間が増大します。ご利用状況に応じて頻度や時間帯を設定してください。

取得されたバックアップは、「バックアップ」タブにて一覧表示され、復元や削除操作を行うことが可能です。詳しくは バックアップ の項目を参照ください。

詳細画面

一覧画面に表示される各データベース行をダブルクリックすると詳細画面が表示され、上部のタブによりさまざまな情報の確認や設定が行えます。

「情報」タブ

データベースの情報が確認できます。右下の「編集」ボタンをクリックすることで名前/説明/タグ/アイコンの各情報を編集することができます。

ヒント

アプライアンス作成時に自動的にデータベースのエンジンやバージョンに応じたタグ(@postgres-10@MariaDB-10.1 など)が付与されます。タグを削除、変更してもアプライアンスやコントロールパネルの挙動には影響ありません。

「設定情報」タブ

データベースの設定が確認できます。

「バックアップ」タブ

取得し保持されているバックアップ一覧が確認できます。また、右下の「追加」ボタンをクリックすることですぐにバックアップの取得を開始することもできます。

バックアップ機能の詳細については バックアップ の項目を参照ください。

「ログ」タブ

RDBMSが出力するログを確認できます。

ログ機能の詳細については ログの確認 の項目を参照ください。

「パラメータ設定」タブ

RDBMSに設定するパラメータを変更可能です。変更したいパラメータ行右側の鉛筆アイコンをクリックし、設定値を入力します。
パラメータ名はRDBMS設定ファイル内の設定名に対応します。詳細は各RDBMS開発元のドキュメントを参照ください。

注釈

RDBMS側が許容する範囲を超える範囲の設定値や文字種が入力された場合はエラーメッセージが表示されます。詳しい情報については「ログ」タブ内よりRDBMSが出力した warningerror 出力を参照してください。

「アクティビティ」タブ

データベースアプライアンスのリソースグラフが確認できます。

設定変更

作成済みのデータベースの詳細画面の、画面右上「データベースの変更」のボタンを押下することで設定の変更を行うことが出来ます。

変更を行うことが出来る項目は以下のとおりです。

パスワード デフォルトユーザのパスワードを変更します
レプリケーション レプリケーション機能 の有効/無効を変更します
ポート番号 データベースへの接続に利用するポート番号を変更します
送信元ネットワーク データベースへのアクセスを許可する送信元ネットワークを設定/変更します
WEB UI WEB UI管理画面の有効/無効を設定できます
バックアップ バックアップ設定を変更できます

注意

設定変更後にRDBMSの再起動が行われ、一時的に接続できない時間帯が発生する場合があります。

クローン

「クローン」ボタンをクリックすると、「クローン元データベース」にこのデータベースが選択された状態でデータベースアプライアンス新規作成画面が表示されます。

注釈

新規作成画面で手動で「クローン元データベース」を選択して作成した場合でも特に違いはありません。

WEB UIの利用方法

WEB UIが有効の場合、「設定情報」タブ内に表示されるWEB UIのリンクをクリックすることでWEB管理画面が開きます。

自己証明書を使用しているためアクセスを行なった場合接続のための証明書の確認が表示されますが、接続先に間違いがないことを確認のうえアクセスを継続し、選択されているデータベースエンジンに対応したWEB UIの画面が表示されます。

バックアップ

「バックアップ」のタブの中より、データベースのバックアップ管理操作が行えます。

提供されている管理機能は以下の通りです。

バックアップの取得

画面の右下の「追加」ボタンより任意のタイミングでバックアップを取得することが出来ます。

※データベース内に格納されているデータ量に応じて取得に必要となる時間は変動します。
※バックアップ取得の際にはデータベース内のデータへのアクセスを控えて頂きますようお願い致します。

バックアップの削除ロック

バックアップは毎日指定された時間に曜日(または毎日)取得されて、取得された世代数が「世代管理」で設定されている件数を超過した際には一番作成日時が古いものをバックアップ取得後に削除します。
この際に自動的に削除される事のないように、バックアップの一覧の左に表示される鍵アイコンで管理することが出来ます。

  • 鍵アイコンが解錠状態:世代管理で自動で削除される対象となります
../../_images/database-20.png
  • 鍵アイコンが施錠状態:世代管理で自動で削除されません。その場合次の作成日時のバックアップが削除の対象となります
../../_images/database-21.png

削除ロックするには、鍵アイコンをクリックします。

../../_images/database-22.png

「実行」ボタンをクリックします。

../../_images/database-23.png

鍵アイコンが施錠状態に変更されていれば削除ロックは完了です。

../../_images/database-24.png

バックアップの復元

バックアップ一覧の右メニューよりバックアップを現在のデータベースへ復元することが出来ます。

../../_images/database-25.png

復元を行う際には現在の状態のバックアップが作成され、その後選択されたバックアップがデータベースへ書き戻されます。

※データベース内に格納されているデータ量に応じて取得に必要となる時間は変動します。
※バックアップ復元の際にはデータベースへのアクセスが出来ない時間が発生いたします。

バックアップの削除

バックアップ一覧の右メニューよりバックアップを削除することが出来ます。

../../_images/database-26.png

ログの確認方法

「ログ」タブの画面よりデータベースのシステム及びRDBMSのログを確認することが出来ます。 解析の際にお役立てください。

systemctl

データベースに関するシステムのログ情報となります。

FATAL

データベースの起動失敗など、比較的深刻度の高いエラーメッセージを表示します。

注釈

FATALログに失敗が記録されている場合、電源操作を行うことができます。

RDBMSのログ

RDBMSエンジンが出力するログを確認することができます。

ヒント

コントロールパネル上に表示される「LOGファイルをダウンロード」ボタンをクリックすることでログファイルのダウンロードが可能です。

エンジン毎にログファイルの書き出し方が変わります。いずれの場合もログは最新10世代を保存します。11番目のログファイルが作成された場合に一番古いログファイルが削除されます。

PostgreSQL

PostgreSQLエンジンを選択している場合は日付-取得時刻のファイル名でログ保存されます。毎日0時に新しいログファイルが作成されます。1つのファイルサイズが10MBを超過した際には新しいログファイルが作成され、そちらに記録されます。

例)8月9日10時2分に作成したデータベースが、11時16分にログのサイズが10MBを超過した場合

 [postgresql-20170809-100218.log]
 [postgresql-20170809-111648.log]

8月9日には上記2つのログが作成されます。

MariaDB

MariaDBは日々のログファイルの作成は行わず[mariadb.log]のログサイズが10MBを超過した場合にのみ、日付-取得時刻のファイル名でログファイルが作成され保存されます。

注意事項

  • データベースアプライアンスの機能拡張によるアップデート作業に伴い、予告なく停止を伴う作業が発生する場合もございます。
  • バックアップの取得や復元機能はデータの整合性を保証するものではありません。
  • ログ機能はご利用されるお客様でご活用頂くものであり、解析の代行などは承っておりません。
  • アプライアンス内のデータベースエンジンは再起動時に時刻同期を行います。データベース上の時刻情報にずれが生じる場合はアプライアンスを一旦停止の上、再度起動の操作をお試しください。