サーバーのネットワーク設定

最初に

さくらの専用サーバ PHY では、運用用途に合わせてコントロールパネルからネットワークを自由に変更できます。

このページでは、ネットワークの構成変更の時に必ず生じる、サーバーの基本的なネットワーク設定の手順をご紹介します。
ご利用の割り当てネットワークに読み替えてご覧ください。
この手順に記載のないOSについては OSセットアップ仕様書 にネットワークの設定についての説明があります。

ネットワーク構成を変更するときの注意事項

さくらの専用サーバ PHY は、サービスの仕様上「冗長構成(ボンディング)」で運用することを推奨しています。
ボンディング構成をとらない運用を行う場合には、以下の点に留意してご利用ください。
  • サーバーが接続されている収容スイッチの片側の障害やメンテナンスによって、通信断が発生することがあります。

  • グローバルネットワーク、ローカルネットワークとも利用可能な帯域幅が冗長構成時の半分になります。

  • ネットワーク冗長構成を解除された場合は、SLAの適用除外となります。

ネットワークを設定しよう

設定の時に必要な情報

グローバルネットワーク

グローバルネットワークの設定を設定するにあたって、割当てるネットワークの情報を手元に用意します。

割り当て設定項目

IPアドレス
ネットマスク
ゲートウェイアドレス

コントロールパネル から ネットワーク情報を確認できます。

ネームサーバー

リージョン毎に値が異なります

石狩

IPv4

133.242.0.3
133.242.0.4

IPv6

2401:2500::1 *1
2401:2500::2 *1

Note

  • *1 「共用グローバルネットワーク」ではIPv6アドレスは提供していません。
    IPv6を利用する場合は「専用グローバルネットワーク」を利用してください。
  • サービスやネットワークの切り替え操作については、「 マニュアル>ネットワーク 」をご覧ください。

ローカルネットワーク

ローカルネットワークでは、下記のローカルIPアドレスブロックを自由に割り当てることができます。
利用できる範囲から割り当てるIPアドレスブロックと、IPアドレスを決めて、手元に準備してください。
  • 10.0.0.0/8

  • 172.16.0.0/12

  • 192.168.0.0/16

Note

インターフェースを切り替える(コントロールパネル)

サーバーの設定を変更する前に、コントロールパネルからネットワークインターフェースの設定を切り替えておきます。
切り替えの手順については マニュアル>ネットワーク を参照しておこないます。

Note

ローカルネットワークを利用するときは、コントロールパネルからローカルネットワークを作成し、 ネットワークで使用するIPアドレスブロック を決めておきます。

OS別ネットワーク設定

サーバーで行うネットワークの設定についてご紹介します。
この例の中では「ボンディング構成にする場合」「ボンディング構成にしない場合」の2種類の設定をご紹介しています。設定するサービス、環境に合わせて読み替えて設定をおこないます。

警告

ネットワークの設定は慎重に行ってください。
繋がらなくなる恐れがあります! 指定のない行の変更は絶対に行わないでください。

CentOS 8 / CentOS Stream 8 / Red Hat Enterprise Linux 8 / AlmaLinux 8

ボンディング構成で接続する

ボンディング構成をとり、ネットワークに接続する場合の設定としてデバイス名「eno1」「eno2」を「bond0」に設定する場合を紹介しています。

ネームサーバーが設定されていなければ設定します。
/etc/resolv.conf
# for IPv4
nameserver  [ネームサーバー(IPv4)]
# for IPv6
nameserver  [ネームサーバー(IPv6)]
...
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0
TYPE=Bond
NAME=bond0
DEVICE=bond0
ONBOOT=yes
BONDING_MASTER=yes
BOOTPROTO=static

# for IPv4
IPADDR=[割り当て可能IPアドレス(IPv4)]
PREFIX=[サブネットマスク(プレフィックス表記)]
GATEWAY=[ゲートウェイアドレス]
IPV4_FAILURE_FATAL=no

# for IPv6
IPV6INIT=yes
IPV6ADDR=[割り当て可能IPアドレス(IPv6)]/64
IPV6_DEFAULTGW=[ゲートウェイアドレス(IPv6)]
IPV6_FAILURE_FATAL=no

DEFROUTE=yes
BONDING_OPTS="miimon=100 mode=802.3ad xmit_hash_policy=2"

「eno」デバイスにスレーブ設定がされていないのであればおこないます。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eno1
TYPE=Ethernet
NAME=eno1
DEVICE=eno1
ONBOOT=yes
MASTER=bond0
SLAVE=yes
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eno2
TYPE=Ethernet
NAME=eno2
DEVICE=eno2
ONBOOT=yes
MASTER=bond0
SLAVE=yes

サーバーを再起動します

# reboot

ネットワークが起動し、設定が反映されていることを確認します。

# ip addr show
ボンディング構成をとらずに接続する
ボンディング構成を使用せず、NICデバイスに直接ネットワークの設定を行う場合には「eno」デバイスを使用します。
以下の例では「eno1」にネットワーク設定をおこないます。

ネームサーバーが設定されていなければ設定します。
/etc/resolv.conf
# for IPv4
nameserver  [ネームサーバー(IPv4)]
# for IPv6
nameserver  [ネームサーバー(IPv6)]
...

ネットワークの設定を行います。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eno1
TYPE=Ethernet
NAME=eno1
DEVICE=eno1
BOOTPROTO=static
ONBOOT=yes

# for IPv4
IPADDR=[割り当て可能IPアドレス(IPv4)]
PREFIX=[サブネットマスク(プレフィックス表記)]
GATEWAY=[ゲートウェイアドレス(IPv4)]
IPV4_FAILURE_FATAL=no

# for IPv6
IPV6INIT=yes
IPV6ADDR=[割り当て可能IPアドレス(IPv6)]/64
IPV6_DEFAULTGW=[ゲートウェイアドレス(IPv6)]
IPV6_FAILURE_FATAL=no

ETHTOOL_OPTS="autoneg on"

「bond」デバイスのボンディングに関する設定を削除/無効化します。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0
TYPE=Bond
NAME=bond0
DEVICE=bond0
ONBOOT=no

サーバーを再起動します。

# reboot

ネットワークが起動し、設定が反映されていることを確認します。

# ip addr show

Ubuntu 18.04 / Ubuntu 20.04

ボンディング構成で接続する

「eth0」「eth1」でボンディングを構成し「bond0」に設定する場合を紹介しています。

設定例:/etc/netplan/01-netcfg.yaml
network:
  version: 2
  renderer: networkd
  ethernets:
      eth0:
          dhcp4: no
      eth1:
          dhcp4: no
  bonds:
      bond0:
          dhcp4: no

          # for IPv4/IPv6
          addresses:
          - [割り当て可能IPアドレス(IPv4)]/[サブネットマスク(プレフィックス表記)]
          - [割り当て可能IPアドレス(IPv6)]/64
          ...
          gateway4: [ゲートウェイアドレス(IPv4)]
          gateway6: [ゲートウェイアドレス(IPv4)]
          nameservers:
              addresses:
                  - [ネームサーバー(IPv4)]
                  - [ネームサーバー(IPv6)]
                  ...

          interfaces:
          - eth0
          - eth1
          parameters:
              mode: 802.3ad
              mii-monitor-interval: 1s
              lacp-rate: slow
              min-links: 1
              transmit-hash-policy: layer2+3

サーバーを再起動します。

# reboot

設定を確認します。

# sudo cat /proc/net/bonding/bond0
# ip addr show
ボンディング構成をとらずに接続する
ボンディング構成を使用せず、デバイスに直接ネットワークの設定を行う場合には「eth」デバイスを使用します。
以下の例では「eth0」に設定する場合を紹介しています。
設定例:/etc/netplan/01-netcfg.yaml
network:
  version: 2
  renderer: networkd
  ethernets:
      eth0:
          dhcp4: no

          # for IPv4/IPv6
          addresses:
          - [割り当て可能IPアドレス(IPv4)]/[サブネットマスク(プレフィックス表記)]
          - [割り当て可能IPアドレス(IPv6)]/64
          ...\
          gateway4: [ゲートウェイアドレス(IPv4)]
          gateway6: [ゲートウェイアドレス(IPv6)]
          nameservers:
              addresses:
                  - [ネームサーバー(IPv4)]
                  - [ネームサーバー(IPv6)]
                  ...

      eth1:
          dhcp4: no
          # 設定するのであればeth0の書式に倣って記載

     (省略)

サーバーを再起動します。

# sudo reboot

ネットワークが起動し、IPアドレスが設定されていることを確認します。

# ip addr show

CentOS 7 / Red Hat Enterprise Linux 7

ボンディング構成で接続する
ボンディング構成で、ネットワークに接続する場合の設定です。
デバイス名「eno1」「eno2」を「bond0」に設定する場合を紹介しています。

ネームサーバーが設定されていなければ設定します。
/etc/resolv.conf
# for IPv4
nameserver  [ネームサーバー(IPv4)]
# for IPv6
nameserver  [ネームサーバー(IPv6)]
...
ゲートウェイアドレスを設定します。
/etc/sysconfig/network
NETWORKING=yes
PEERDNS=no
# for IPv4
GATEWAY=[ゲートウェイアドレス]
# for IPv6
IPV6_DEFAULTGW=[ゲートウェイアドレス(IPv6)]

「bond」デバイスに設定をおこないます。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0
DEVICE=bond0
BOOTPROTO=static

# for IPv4
IPADDR=[割り当て可能IPアドレス(IPv4)]
PREFIX=[サブネットマスク(プレフィックス表記)]

# for IPv6
IPV6INIT=yes
IPV6_ROUTER=no
IPV6ADDR=[割り当て可能IPアドレス(IPv6)]/64

ONBOOT=yes
ETHTOOL_OPTS="autoneg on"
NM_CONTROLLED="no"
BONDING_OPTS="mode=4 miimon=100 xmit_hash_policy=2"

「eno」デバイスにそれぞれ、スレーブ設定がされていないのであればおこないます。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eno1
DEVICE=eno1
BOOTPROTO=none
MASTER=bond0
SLAVE=yes
NM_CONTROLLED="no"
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eno2
DEVICE=eno2
BOOTPROTO=none
MASTER=bond0
SLAVE=yes
NM_CONTROLLED="no"

サーバーを再起動します。

# reboot

ネットワークが起動し、設定が反映されていることを確認します。

# ip addr show
ボンディング構成をとらずに接続する
ボンディング構成を使用せず、それぞれのNICデバイスで通信する場合は「eno」デバイスを使用します。
以下の例では「eno1」に設定する場合を紹介しています。

ネームサーバーが設定されていなければ設定します。
/etc/resolv.conf
# for IPv4
nameserver  [ネームサーバー(IPv4)]
# for IPv6
nameserver  [ネームサーバー(IPv6)]
 ...
ゲートウェイアドレスを設定します。
/etc/sysconfig/network
NETWORKING=yes
PEERDNS=no
# for IPv4
GATEWAY=[ゲートウェイアドレス(IPv4)]
# for IPv6
IPV6_DEFAULTGW=[ゲートウェイアドレス(IPv6)]

「eno1」にネットワーク設定をおこないます。合わせてほかのデバイスで何らかの設定を行う場合には、同様に行ってください。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eno1
DEVICE=eno1
BOOTPROTO=static
ONBOOT=yes

# for IPv4
IPADDR=[割り当て可能IPアドレス(IPv4)]
PREFIX=[サブネットマスク(プレフィックス表記)]

# for IPv6
IPV6INIT=yes
IPV6_ROUTER=no
IPV6ADDR=[割り当て可能IPアドレス(IPv6)]/64

ETHTOOL_OPTS="autoneg on"
NM_CONTROLLED="no"

「bond」デバイスのボンディングに関する設定を削除/無効化します。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0
DEVICE=bond0
ONBOOT=no
NM_CONTROLLED="no"

もし、ほかの「eno」デバイスを使用しないのであれば、無効化するか異なる設定を入れるようにします。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eno2
DEVICE=eno2
ONBOOT=no
NM_CONTROLLED="no"

サーバーを再起動します。

# reboot

ネットワークが起動し、設定が反映されていることを確認します。

# ip addr show