Red Hat Enterprise Linux 8 のトラブルシューティング

このページについて

このページは、Red Hat Enterprise Linux 8 のトラブルシューティングを紹介しています。

リリースバージョン8.5でネットワーク接続ができない

リリースバージョンを8.5にアップデート後に、ネットワーク接続が出来なくなる事象が確認されています。
物理インターフェースが意図しない名前で認識されてしまうことが原因となりますので、以下の回避策を実施ください。
回避策中には記載しておりませんが、ファイルの編集前には念のためにバックアップを取得ください。

1. /etc/udev/rules.d/99-net.rules を編集し「KERNEL=="eth*",」部分を削除する
/etc/udev/rules.d/99-net.rules を編集する
 # vi /etc/udev/rules.d/99-net.rules
「KERNEL=="eth*",」部分を削除する
 編集前
 SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", KERNEL=="eth*", SUBSYSTEMS=="pci", KERNELS=="0000:01:00.0", NAME="eno1"
 SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", KERNEL=="eth*", SUBSYSTEMS=="pci", KERNELS=="0000:01:00.1", NAME="eno2"
 SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", KERNEL=="eth*", SUBSYSTEMS=="pci", KERNELS=="0000:68:00.0", NAME="eno3"
 SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", KERNEL=="eth*", SUBSYSTEMS=="pci", KERNELS=="0000:68:00.1", NAME="eno4"

 編集後
 SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", SUBSYSTEMS=="pci", KERNELS=="0000:01:00.0", NAME="eno1"
 SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", SUBSYSTEMS=="pci", KERNELS=="0000:01:00.1", NAME="eno2"
 SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", SUBSYSTEMS=="pci", KERNELS=="0000:68:00.0", NAME="eno3"
 SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", SUBSYSTEMS=="pci", KERNELS=="0000:68:00.1", NAME="eno4"
2. /etc/default/grub を編集し、「net.ifnames=0 biosdevname=0 net.ifnames=0」のオプションを削除する
/etc/default/grub を編集する
 # vi /etc/default/grub
「net.ifnames=0 biosdevname=0 net.ifnames=0」部分を削除する
 編集前
 GRUB_TIMEOUT=5
 GRUB_DISTRIBUTOR="$(sed 's, release .*$,,g' /etc/system-release)"
 GRUB_DEFAULT=saved
 GRUB_DISABLE_SUBMENU=true
 GRUB_TERMINAL_OUTPUT="console"
 GRUB_CMDLINE_LINUX=" resume=UUID=150db2d5-10d4-4eaa-8ebc-d4f637bbb1d9  net.ifnames=0  biosdevname=0 net.ifnames=0 consoleblank=0 nomodeset intel_idle.max_cstate=0 processor.max_cstate=0"
 GRUB_DISABLE_RECOVERY="true"
 GRUB_ENABLE_BLSCFG=true

 編集後
 GRUB_TIMEOUT=5
 GRUB_DISTRIBUTOR="$(sed 's, release .*$,,g' /etc/system-release)"
 GRUB_DEFAULT=saved
 GRUB_DISABLE_SUBMENU=true
 GRUB_TERMINAL_OUTPUT="console"
 GRUB_CMDLINE_LINUX=" resume=UUID=150db2d5-10d4-4eaa-8ebc-d4f637bbb1d9  consoleblank=0 nomodeset intel_idle.max_cstate=0 processor.max_cstate=0"
 GRUB_DISABLE_RECOVERY="true"
 GRUB_ENABLE_BLSCFG=true
3. 編集した内容で GRUB 2 の起動メニューを生成する
編集した内容で GRUB 2 の起動メニューを生成する
 # grub2-mkconfig -o /boot/efi/EFI/redhat/grub.cfg
4. サーバの再起動を行う