SQL Server 2019

最初に

  • このページは 「さくらの専用サーバ PHY」 の 「SQL Server 2019」 の出荷時の基本情報や提供状態、知っておくと便利な情報をまとめたサーバー運用経験者向けの資料ドキュメントです。
  • このページを読む前に、必ず「 最初にお読みください 」をお読みください。
  • このページで表現している「出荷」とは、以下の状態を指します。

    • 契約したサーバー(またはサービス)をユーザーの手にお届けしたときの状態・設定

    • OSまたは該当のアプリケーションをインストール(再インストールを含む)したときの状態・設定

  • 提供するサーバーやOS、機材やオプションの「販売終了・提供終了」以降は、対象のドキュメントの改定・更新は停止します。
    更新が停止してから一定の期間経過した時点で、インターネットでの公開を終了します。 詳しくは ドキュメントの情報凍結とライフサイクル をご覧ください。
  • インターネットでの閲覧が終了したドキュメントが必要になったときは、カスタマーセンターへお問い合わせください。
  • 弊社の都合により、予告なく閲覧の取り下げ、または公開を終了する場合があります。

基本情報

提供概要

提供サービス名称

さくらの専用サーバ PHY

システム名称

SQL Server 2019

提供OS

Windows Server 2019

エディション

・Web Edition
・Standard Edition

提供開始

2020/11

提供終了

--

SQL Server 2019 設定

インストールバージョン

SQL Server

  • SQL Server 2019 Web Edition

  • SQL Server 2019 Standard Edition

Note

  • 出荷までに生じた自動更新に含まれるWindows Updateは全て適用済みです。

セットアップ先フォルダ

セットアップ先のフォルダは、以下のように設定しています。

プログラム

C:\Program Files\Microsoft SQL Server

データファイル

C:\Program Files\Microsoft SQL Server

インストール済みコンポーネント

インストールウィザードのオプションより以下のように設定しています。

インスタンス機能

データベースエンジンサービス

インストールソース

セットアップ時に使用したインストールソースは、以下のフォルダに保存しています。

フォルダー

C:\Files\sql2019_x64

プログラム

C:\Files\sql2019_x64\setup.exe

  • インストールの機能の追加は、こちらのインストールソースをご利用ください。

  • インスタンスそのものを追加を含む、プロダクトキーの入力が必要な機能の追加には対応していません。

インスタンスの構成

インスタンス名称は、以下のように設定しています。

インスタンス名

既定のインスタンス

インスタンス ルート ディレクトリは、以下のように設定しています。

インスタンス ルート ディレクトリ

C:\Program Files\Microsoft SQL Server\

サーバーの構成

SQL Serverに関するサービスアカウントは、以下のように設定しています。

名前

ログオン

スタートアップの種類

SQL Server(MSSQLSERVER)

NT Service\MSSQLSERVER

自動

SQL Server Browser

NT AUTHORITY\LOCAL SERVICE

その他(ブート、システム、無効または不明)

SQL Server エージェント(MSSQLSERVER)

NT Service\SQLSERVERAGENT

自動

照合順序は、以下のように設定しています。

データベースエンジン

Japanese_CI_AS

Analysis Services

Japanese_CI_AS

データベースエンジンの構成

認証モードは、以下のように設定しています。

認証モード

Windows 認証モード

SQL Server管理者は、以下のように設定しています。

管理者

Administrator

セットアップ完了時の情報

出荷時のセットアップ概要ログは、以下のファイルに保存されています。

C:\Program Files\Microsoft SQL Server\150\Setup Bootstrap\Log\Summary.txt

サンプルデータベース

SQL Serverのサンプルデータベースとサンプルコードはインストールされません。

Note

セキュリティ構成

出荷時は、外部からのアクセスを最小限にするために、一部の機能とサービスが無効になっています。

  • 外部からのアクセスを構成するには「SQL Server構成マネージャー」ツールを使用してください。

Note

SQL Server 2019 と関連するアプリケーションの設定

SQL Server 2019 と関連するアプリケーションのセットアップ内容については以下の通りとなります。

SQL Server Reporting Servicesの構成

SQL Server 2019 のセットアップにはSQL Server Reporting Servicesのインストールは含まれておりませんが、インストールされた SQL Server 2019 の Edition と同じEditionでのインストールのみをおこなっています。

  • 利用される場合は「Report Server Configuration Manager」より初期構成を実施してご利用ください。

Note

SQL Server Management Studio

SQL Server 2019 のセットアップにはSQL Server Management Studioのインストールは含まれていません。

  • SQL Server Management Studioを利用する場合は別途ダウンロードとインストールを実施ください。

Note

Windows Defenderの除外設定

Windows Server 2019 ではWindows Defenderがプリインストールされ、リアルタイム検索などの機能も有効な状態となっています。

  • SQL ServerについてはWindows Defenderの自動除外の対象とはされていません。そのため出荷時には以下の除外設定をおこなっています。

Windows Defender除外設定項目

除外項目

除外対象

フォルダー

  • C:\Program Files\Microsoft SQL Server

  • C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Server

ファイル拡張子

  • .mdf

  • .ldf

  • .ndf

  • .bak

  • .trn

  • .trc

  • .sqlaudit

  • .sql

プロセス

  • SQLServr.exe

  • ReportingServicesService.exe

  • MSMDSrv.exe