サーバーやコントロールパネル、一般的な操作に関する質問

サーバーの再起動や電源操作をおこないたいのですが

コントロールパネルから操作してください

サーバの再起動(リセット)や電源操作はコントロールパネルで行ってください。
コントロールパネルを操作できる環境にない場合はサポートセンターまたはリブートダイヤルまでご連絡ください。

サーバーのハードウェアや回線のアップグレードできますか

可能です

増設・交換できるハードウェアや回線バリエーションと料金は 仕様一覧 のページでご確認できます。
わからない点がありましたら、 カスタマーセンター へご相談ください

サーバーを契約したのですがOSがインストールされていませんでした

コントロールパネルからお好みのOSをインストールしてください

サーバーの出荷状態はOSはインストールされていない空っぽの状態です。
まずは コントロールパネル からOSをインストールしてください

「パーティション選択:手動」でOSインストールしました。インストールが失敗します。

パーティション設定(リモートコンソール)は終わっていますか?

「パーティション選択:手動」を選択すると、弊社規定の設定が行われた後、OSインストーラーが起動しパーティション指定を待つ状態になります。
リモートコンソールから、インストーラーを操作し、パーティション設定を行うとインストールがはじまります。

パーテイション指定をしないまま一定時間が経過してしまうと、OSインストールを終了し「失敗」の通知が届いてしまいます。手動を選択するときは、必ず「リモートコンソール」を開いてパーティション指定を完了させてください。

商用OS(有償OS)を使いたい

有償で「Windows Server」や「Red Hat Enterprise Linux」がご利用いただけます

提供を行っているの商用OS(有償OS)はサービスサイトの「OS」の項目をご覧ください。
また、有償OSをご利用いただくには、お手続きが必要です。
サーバーと同時に有償OSをお申し込みいただく場合と、ご契約中の「さくらの専用サーバ PHY」に有償OSを追加いただく場合でお手続き方法が異なります。

《サーバーと有償OSを同時にお申し込みいただく場合》

以下のお申し込みページにアクセスし、サーバー選択時にご希望のOSオプションを選択のうえお手続きください。
《ご契約中の「さくらの専用サーバ PHY」に有償OSを追加いただく場合》

コントロールパネルの「オプション追加」よりお申し込みいただけます。
お手続き完了後に、「OSインストール」に選択項目が表示されます。

コントロールパネルにインストールしたいOSがありません

コントロールパネルのリモートメディアからサーバーに直接インストールすることができます

インストールを行う前に、必ず使用するOSベンダーが提示する「利用条件」「ライセンス条件」を読んでからご利用ください。

コントロールパネルの操作中にエラーメッセージがでてしまいました

しばらく時間をおいても改善しないときは、お客様の情報と操作内容を添えてお問い合わせください

サービスの仕様上、連続的な操作などによって、エラーが表示されてしまうことがあります。しばらく時間をおいてもう一度試してみてください。
それでも改善しないときは、以下の情報を添えて カスタマーセンター までお問い合わせください。
  • 会員IDとご契約者名

  • さくらの専用サーバ PHYのサービスコード

  • 問題の状況

    • 表示されたエラーメッセージ

    • 表示されたメッセージに至るまでの操作

メンテナンスや、発生した障害の情報を知りたいのですが

コントロールパネルに通知されます

ご利用のサーバーやネットワークが対象となるメンテナンス、発生した障害の情報はコントロールパネルの通知ヘッダに表示されます。

CentOS 8 から CentOS Stream 8 へ移行できますか?

移行およびパッケージ更新に伴う不具合が発生してもサポート範囲外となるため推奨しません

さくらの専用サーバ PHY では CentOS Stream 8 の提供を行っていますので、
OSインストール 機能より CentOS Stream 8 をインストールしていただくことを推奨します。
ストレージのデータは初期化されるため、事前にバックアップしたうえでご利用ください。