sudoの設定方法

一般ユーザがコマンド毎にroot権限を持つことができる「sudo」の設定方法です。
ここでは「wheel」グループに一般ユーザを所属させた後、「wheel」グループに所属するユーザが「sudo」を利用できるように設定します。

本ドキュメントは、さくらのVPSの標準OS(CentOS 6)がインストールされているサーバが対象です。
その他のOSでの設定は、各OSのマニュアルをご確認ください。

サーバにログイン

リモートコンソールやターミナルソフトを利用してroot権限を持ったユーザでサーバにログインします。
※ ここではrootでログインした場合で説明します。

sudoの設定

「sudo」を利用したい一般ユーザを「wheel」グループに所属させます。

# usermod -G wheel ***

*** は「sudo」を設定したいユーザ名です。

「wheel」グループに所属するユーザが「sudo」を利用できるように設定を変更します。

# visudo

[編集内容]

## Allows people in group wheel to run all commands
# %wheel ALL=(ALL) ALL
↓
## Allows people in group wheel to run all commands
%wheel ALL=(ALL) ALL

保存が完了すれば、「sudoの設定」は完了です。

sudoの利用方法

「sudo」を設定した一般ユーザでサーバにログインします。

実行したいコマンドの前方に「sudo」と入力します。

$ sudo **

※ ここではshutdownコマンドを実行する場合です。

「[sudo] passwrod for ~」と表示後、ログインしている一般ユーザのパスワードを入力します。
※ 入力するパスワードは、表示されません。

設定とパスワードに誤りがなければ、指定した内容が実行されます。「sudoの利用方法」は完了です。