OSをインストールしよう

「さくらの専用サーバ PHY」 は、サーバーにOSがインストールされていない空っぽな状態で出荷されています。
そのため、サーバーを使う前に必ず「OSインストール」が必要になります。

このページでは「CentOS 8」を最もシンプルな構成でインストールする手順をご紹介しています。

OSをインストールする

コントロールパネルにログイン

OSのインストールは さくらの専用サーバ PHYコントロールパネル で行います。

Note

コントロールパネルの認証画面は 「さくらの専用サーバ PHY」 と「さくらのクラウド」共通の画面になっています。

  1. さくらの専用サーバ PHYコントロールパネル にログインします。

  2. サービス一覧から 「さくらの専用サーバ PHY」 アイコンを選択します。

  1. 「さくらの専用サーバ PHY」 コントロールパネルトップページへ遷移します。

OSの選択と詳細情報の入力

さくらの専用サーバ PHYコントロールパネル でOSをインストールします。

今回はサンプルとして、「CentOS 8 (パーティション指定:自動)」でインストールを行います。
選択するOSによって、オプション情報として入力・選択する項目が異なります。表示された内容に従って進めてください。
OSインストール情報

OS

CentOS 8

オプション情報

パーティション選択: 自動
管理ユーザー: root (変更不可)
管理パスワード: *********** (任意のパスフレーズ)

  1. コントロールパネルの「サーバー」メニューを選択して「サーバー一覧」を表示します。

  2. 一覧からOSをインストールするサーバーをクリックして「サーバーの詳細画面」を表示します。

  3. 右上の「設定」から、「OSインストール」を選択し、OSインストールメニューを開きます。

  4. インストール項目を選択・入力し、「OSインストール」ボタンを押してインストールを開始します。

インストールが完了するまで数十分程度かかります。

Note

OSのインストール中は、サーバーの操作を行うことができなくなります。
完了するまでしばらくお待ちください!

インストール状態を確認しよう

これでサーバーを利用する準備が整いました。インストール状態を確認してみましょう。

インストール後のサーバーの状態

OSインストールが完了するとサーバーは以下の「OS出荷状態 *1 」となります。
OS出荷直後の状態(パーティションやRAIDのカスタマイズをおこなわない場合)

電源状態

OFF

グローバルネットワークの状態

共用グローバルネットワークに接続 *2
・共用グローバルネットワークからIPv4アドレスを1つ割り当て

サーバー状態

OS出荷状態 *1
・アプリケーションとOS: サーバー運用に必要な最小限のインストールと設定
・ネットワーク設定:「グローバルネットワークの状態」の設定をもとにネットワークの
設定がおこなわれ、すぐ通信可能な状態
*1 「OS出荷状態」は、選択したOSやオプション項目によって異なります。詳しくは 「モデル仕様書」 の「OSセットアップ仕様書」項をご覧ください。
*2 異なるグローバルネットワークに接続していた場合でも強制的に共用グローバルネットワークに切り替わります。