スタティックルート機能

「ルータ+スイッチ」に付属する「スタティックルート」機能についての説明です。

コントロールパネルからの利用手順

  1. ルータ+スイッチの作成
  • ルータ+スイッチを作成し、スイッチ配下にスタティックルートを割り当てるサーバ(※)を追加します。
  • ルータ+スイッチを作成済みの場合、スタティックルーティング機能を利用して割り当てるIPアドレスブロックを追加することも可能です。
  • ルータ+スイッチの作成方法は こちら をご確認ください。
  1. スタティックルーティングするIPアドレスブロックを追加
  1. スイッチ一覧から削除したいスイッチのチェックボックスにチェックを入れ 、『 詳細 』をクリックします。
  1. 『 IPアドレス 』をクリックし、右下の『 スタティックルート追加 』をクリックします。
  1. スタティックルート追加の画面が表示されます。[ プリフィックス ]で必要な範囲のIPアドレスブロックを選択します。ネクストホップに[ ルータ+スイッチ ]配下に接続したサーバを指定し、『 追加 』をクリックします。
  1. 追加が完了すると先ほどのIPアドレス画面上部に新たなIPアドレスブロックのボタンが表示されます。

※スタティックルーティング機能で追加可能なIPアドレスブロックは、ルータ+スイッチ1個につき4ブロックまでとなります。

  1. 追加したIPアドレスブロックのボタンをクリックすると、[ ルータ+スイッチ ]のIPアドレス一覧画面と同様の画面が表示されます。リスト上部には、IPアドレスブロックのネットワークアドレスとプリフィックス、ネクストホップに設定されているIPアドレスが表示されます。

スタティックルートIPアドレスブロックの削除

  1. 左側のメニューから『 スイッチ 』をクリックします。
  1. 削除したいスイッチのチェックボックスにチェックを入れ 、『 詳細 』をクリックします。
  1. 『 IPアドレス 』をクリックし、削除したいIPアドレスブロック『 削除 』をクリックします。
  1. 確認画面が表示されます。削除してよければ『 はい 』をクリックします。
  1. ステータスが [ 成功 ] に変われば、スタティックルートの削除は完了です。『 閉じる 』をクリックします。