その他の機能

[更新: 2018年11月28日]

SIMの各種機能についての説明です。

1. SIM情報の変更

作成時に指定したSIMの「名前」、「説明」、「タグ」、「アイコン」を変更できます。

情報変更したいSIMの設定画面より、「情報」タブを選択します。現在の設定情報が表示されるので、変更する場合は右下の「編集」ボタンをクリックします。

ダイアログボックスが表示されるので、変更したい内容を入力し、「更新」ボタンをクリックします。

2. ログ

確認したいSIMの設定画面より、「ログ」タブを選択すると、SIMに設定されたSIMのセッションログが表示されます。

ステータス
Createdは接続時、Deletedは切断時のログです。
MCC
Mobile Country Codeの略称です。
MNC
Mobile Network Codeの略称です。
TAC
Tracking Area Codeの略称です。
ECI
E-UTRAN Cell Identifierの略称です。

ヒント

基地局の位置情報について
Google Maps Geolocation APIOpenCelliD でMCC、MNC、TAC、ECIを用いることで、基地局の位置情報を取得することが可能です。

3. アクティビティモニタ

SIMのトラフィックを確認できます。

確認したいSIMの設定画面より、「アクティビティ」タブを選択すると、SIMのトラフィックグラフが表示されます。

4. SIM設定の変更

SIMの「IMEIロック」、「キャリア」設定を変更できます。

設定変更したいSIMの設定画面より、「SIM設定の変更」ボタンをクリックすると、設定変更画面がポップアップされます。

接続中のデバイスのIMEIで接続を制限するには、「接続中のSIMをロックする」を選択します。

任意のIMEIで接続を制限するには、「ロックするIMEIを入力する」を選択し、IMEIを入力します。

接続を許可するキャリアを変更するには「キャリア」のチェックボックスを変更します。

最後に「変更」ボタンをクリックします。

ヒント

接続を許可するキャリアの変更について
接続先のキャリアを変更するには、設定変更後、SIMを入れたデバイスで再接続を行う必要があります。
複数のキャリアを許可した場合、どのキャリアに接続されるかは、電波状況やデバイスの設定に依存します。
デバイスによっては接続先キャリアを指定できるものがあります。
指定方法についてはデバイスのマニュアルをご確認いただくか、メーカーにお問い合わせください。
接続中のキャリアのチェックを外した上で設定変更を行った場合、しばらく接続が可能な状態になることがあります。
直ちに該当のキャリアへの接続を切断したい場合は「SIMの操作」から「再接続」を行うか、デバイス側で許可したキャリアへ接続してください。

5. SIM の操作

SIM の操作を行えます。

操作したいSIMの設定画面より、「SIMの操作」ボタンをクリックすると、「有効化」「無効化」「再接続」ボタンがプルダウンされます。

※有効状態のSIMを「無効化」すると、デバイスの通信が切断されます。再度「有効化」した後はデバイスの再起動が必要な場合があります。

※再接続は接続中のSIMにのみ実行することが可能です。また、再接続を実行すると、デバイス側で切断、接続をする動作が行われるため、一時的に通信ができない状態になります。

6. 接続先の変更

SIMの接続先のモバイルゲートウェイを変更できます。

接続先を変更したいSIMの設定画面より、「接続先の変更」ボタンをクリックすると、接続先の変更画面がポップアップされます。

接続先のモバイルゲートウェイを選択、IPアドレスを入力して、「変更」ボタンをクリックします。