ネットワークインターフェース

ネットワークインターフェースの各種設定方法、初期化について記載しています。

インターフェースの設定変更手順

  1. コントロールパネル画面左メニューより「サーバー」をクリックします。

../../_images/server_select.png
  1. サーバー一覧から任意のサーバーを選択します。

../../_images/service_select4.png
  1. インターフェースの「編集」をクリックし、編集する内容を選択します。

../../_images/interface_010.png
  1. 各種画面にあわせた設定内容を入力・選択し、「保存」をクリックして完了です。

../../_images/interface_020.png
インターフェース設定のポートモード選択

アクセスポート

ひとつのネットワークを指定して利用する一般的なポートモードです。
サーバーから送信されたパケットは、接続先として設定したネットワークに転送されます。

トランクポート

サーバー側でVLANタグを付与することで、同時に複数のローカルネットワークを利用できるポートモードです。
サーバーから送信されたパケットは、パケットに付与されたVLANタグに応じたローカルネットワークにそれぞれ
転送されます。

なお、VLANタグの付与にはサーバー側でVLANを利用するためのネットワーク設定が必要です。
また、トランクポートでグローバルネットワークへの接続を設定した場合、VLANタグが付与されていないパケット
が指定されたグローバルネットワークに転送されます。

Note

サーバーのネットワーク設定については「ナレッジとチュートリアル」の サーバーのネットワーク設定 を確認してださい。

インターフェースの初期設定手順

  1. コントロールパネル画面左メニューより「サーバー」をクリックします。

../../_images/server_select.png
  1. サーバー一覧から任意のサーバーを選択します。

../../_images/service_select4.png
  1. 詳細画面下部のインターフェース欄の「設定」アイコンから「ポートチャネル初期化」を選択します。

../../_images/interface_030.png
  1. 「設定ウィザード開始」をクリックし、ポートチャネル設定を開きます。

../../_images/interface_040.png
  1. 冗長化方式の選択をしてください。

../../_images/interface_050.png
ボンディング設定

LACP

LACP(IEEE 802.3ad)を用いたボンディングにより、サーバーが収容されている2台のスイッチを冗長構成で利用します。

Static

静的なボンディングにより、サーバーが収容されている2台のスイッチを冗長構成で利用します。

ボンディングなし

サーバーが収容されている2台のスイッチを冗長構成で利用せず、それぞれ個別に利用します。
この場合スイッチの冗長性は担保されません。

重要

「ボンディングなし」を選択した場合:

  • 収容スイッチのうち、片系の障害・メンテナンスの際に通信断が発生する可能性があります。

  • グローバルネットワーク、ローカルネットワークとも、利用できる帯域幅が冗長構成時の半分になります。

  • ネットワークの冗長構成を解除された場合、SLAの適用除外となります。

重要

「LACP」「Static」を選択する場合:

  • 一部のOSでは「LACP」を利用できません。ご利用の前に OSセットアップ仕様書 をご覧ください。

  • OSの制約での利用できない場合を除き、物理障害だけでなく論理障害も検知可能な「LACP」の選択を推奨いたします。

  1. インターフェース名称を入力のうえ、各設定項目を選択し、「設定内容確認へ」クリックします。

../../_images/interface_060.png
選択・入力項目

インターフェース名称

任意の名称を設定してください。

ポートモード選択

アクセスポートorトランクポートを選択して下さい。

ネットワーク接続

任意のネットワークを選択してください。

  1. 内容を確認し、問題なければ「設定保存」をクリックして完了です。

../../_images/interface_070.png

Note

サーバーのネットワーク設定については「ナレッジとチュートリアル」の サーバーのネットワーク設定 を確認してださい。