コンソールの日本語化

コンソールの言語設定を日本語に変更する方法です。

本ドキュメントは、さくらのVPSの標準OS(CentOS 6)がインストールされているサーバが対象です。
その他のOSでの設定は、各OSのマニュアルをご確認ください。

サーバにログイン

リモートコンソールやターミナルソフトなどを利用してroot権限を持ったユーザでサーバにログインします。 ここでは、root でログインした場合で説明します。

コンソールの日本語化

コンソールの言語設定を日本語に変更します。

# vi /etc/sysconfig/i18n

[記載内容]

LANG="C"
↓
LANG="ja_JP.UTF-8"

reboot コマンドなどを利用してサーバを再起動すればコンソールの日本語化は完了です。
以後はコマンドの実行時などの説明が日本語で表示されます。