オブジェクトストレージのAPI

[更新日:2021年2月1日]

API経由でのご利用について

オブジェクトストレージはAmazon S3互換APIを備えており、Amazon S3をサポートするAPIクライアントやアプリケーションを利用することができます。バケット作成後に表示されるエンドポイントとアクセスキーを使用し、オブジェクトストレージへAPIを経由しアクセスします。

APIについて

オブジェクトストレージで使用できるAPIの一覧です。

注意

ベータ期間中はバケットの作成や削除についてはAPI経由で行うことはできません。また下記APIについて暫定的なリストとなります。(正式サービスの際にはサポート対象を改めて明示いたします。)

新機能 API名 概要
  GET Service バケットのリストを取得する
  GET Bucket (List Objects) Version 1 オブジェクトの一覧を取得する
GET Bucket (List Objects) Version 2 オブジェクトの一覧を取得する
PUT Bucket Versioning バケットのバージョニング機能を設定する
GET Bucket Versioning バケットのバージョニング機能の状態を取得する
GET Bucket Location バケットのロケーション(リージョン情報)を取得する
GET Bucket Object Versions オブジェクトの一覧をバージョン情報を含めて取得する
  HEAD Bucket バケットの存在とアクセス可能かを確認する
PUT Bucket ACL バケットのACLを設定する
GET Bucket ACL バケットのACLを取得する
  List Multipart Uploads Activeな MultipartUploadの一覧を取得する
PUT Bucket CORS CORSの設定をする
GET Bucket CORS CORSの設定状況を取得する
DELETE Bucket CORS CORSの設定を削除する
  DELETE Object オブジェクトを削除する
DELETE Object Tagging オブジェクトに設定されたタグを削除する
  Multi-Object Delete 複数のオブジェクトをまとめて削除する
  GET Object オブジェクトを取得する
GET Object Tagging オブジェクトに設定されたタグを取得する
GET Object ACL オブジェクトに設定されたACLを取得する
  HEAD Object オブジェクトの情報を取得する
  PUT Object オブジェクトをアップロード(作成) する
PUT Object Tagging オブジェクトにタグを設定する
PUT Object ACL オブジェクトにACLを設定する
  PUT Object - Copy 同一バケット内 または 異なるバケットからオブジェクトをコピーする
  Initiate Multipart Upload MultipartUploadの初期化をおこなう
  Upload Part MultipartUploadの パーツをアップロードする
  Upload Part - Copy MultipartUploadを使用して同一バケット内 または 異なるバケットからオブジェクトをコピーする
  Complete Multipart Upload MultipartUploadを完了させてオブジェクトを完成させる
  Abort Multipart Upload MultipartUploadを中断させてセッション情報の削除、アップロード済みのパーツの削除をおこなう
  List Parts MultipartUploadでアップロード済みのパーツの一覧を取得する