回線・ルータ・スイッチの制限について

共有セグメントの回線帯域はどのぐらいですか? / 帯域制限はありますか?

  • 帯域は100Mbpsの共有回線(帯域保証なし)のプランのみとなります。それ以上の帯域を使用される場合には、ルータ+スイッチをご利用ください。
  • 仮想サーバからのOutbound(送信)は100Mbpsで帯域制限されます。Inbound(受信)の帯域制限はありません。

共有セグメントを通過できないパケットはありますか?

サーバから共有セグメントに発信されるパケットについては、以下の条件があります。

  • ソースIPアドレスがサーバに割り当てられたIPアドレスである場合は通過します。
  • ARPパケットのSender IP addressがサーバに割り当てられたIPアドレスである場合は通過します。
  • ソースMACアドレスがサーバ作成時に割り当てられたものと異なる場合は通過しません。
  • ARP以外のブロードキャストパケットおよびマルチキャストパケットは通過しません。
  • その他、上記の条件に当てはまらないパケットは通過しません。

スイッチに帯域制限はありますか?

・サーバの搭載メモリ量により、以下のとおりサーバ⇔スイッチ間の回線帯域が制限されます。

サーバ搭載メモリ量 帯域制限値
16GB未満 500Mbps
16GB以上 32GB未満 1.0Gbps
32GB以上 64GB未満 1.5Gbps
64GB以上 128GB未満 2.0Gbps
128GB以上 224GB未満 5.0Gbps
224GB以上 10.0Gbps

・サーバ以外の機器(ロードバランサ、ブリッジ等)については回線帯域の制限はありません。

▼スイッチに接続される各回線の帯域制限例

スイッチには何台までサーバやアプライアンスを接続できますか?

特に接続台数の制限はありませんが、ARPストーム発生の懸念があるため200台程度を上限として推奨します。
それ以上の台数を接続してのご利用の場合は、サーバ側でのARPエージングタイムやARPテーブルサイズ等のチューニング、もしくはVPCルータによるセグメンテーションによる対応をご検討下さい。

ルータ+スイッチに帯域制限はありますか?

  • サーバ⇔スイッチ部の間は、前項「スイッチに帯域制限はありますか?」と同様の条件により帯域制限が適用されます。
  • サーバ以外の機器や、ルータ部⇔スイッチ部の間は帯域の制限はありません。
  • グローバルネットワーク⇔ルータ部の間の帯域は受信・送信それぞれに確保されています。

※接続帯域500Mbpsをご利用の際には、ピーク時には受信・送信それぞれに500Mbps(共有)の帯域をご利用いただけます。

▼ルータ+スイッチに接続される各回線の帯域制限例

ルータ+スイッチのプラン変更(帯域変更)時に通信断は発生しますか?

回線プラン変更時に通信断は発生しません。

ルータ+スイッチのプラン変更(帯域変更)時の料金はどのようになりますか?

帯域変更の設定を行うごとに、現在の回線速度のルータ+スイッチが廃止され、新たな回線速度のルータ+スイッチが契約されたものとみなされます。

1時間単位や1日単位で帯域変更された場合の料金計算は、サーバやディスクなど他のリソースと同様に行われます。詳しくは 料金のお支払について のページを参照下さい。

転送量に応じたトラフィック制限はありますか?

接続する回線ごとに、以下の転送量目安を大幅に超過した場合、弊社バックボーン帯域の状況により、個々のお客様サーバの帯域制限を実施することがあります。

回線 制限を行う転送量しきい値の目安
共有セグメント(100Mbps) 月間 1.6TB (平均5Mbps)
ルータ+スイッチ(100Mbps) 月間 3.2TB (平均10Mbps)
ルータ+スイッチ(250Mbps) 月間 8.1TB (平均25Mbps)
ルータ+スイッチ(500Mbps) 月間 16.2TB (平均50Mbps)
ルータ+スイッチ(1,000Mbps) 月間 32.4TB (平均100Mbps)
ルータ+スイッチ(1,500Mbps) 月間 48.6TB (平均150Mbps)
ルータ+スイッチ(2,000Mbps) 月間 64.8TB (平均200Mbps)
ルータ+スイッチ(2,500Mbps) 月間 81.0TB (平均250Mbps)
ルータ+スイッチ(3,000Mbps) 月間 97.2TB (平均300Mbps)

※共有セグメント回線は1サーバあたりの転送量、「ルータ+スイッチ」は接続されているサーバの合計転送量となります。
※閾値として計算する転送量はInbound(受信)、Outbound(送信)それぞれ個別に計算されます。
※「ルータ+スイッチ」、「スイッチ」において、スイッチ内で完結する通信については制限はありません。
※月間転送量の起算日は、毎月1日0時となります。月の途中で共有セグメントに接続するサーバや、ルータ+スイッチを作成された場合は、作成された時点が起算日となります。

転送量目安を超過した場合の帯域制限はどのように行われますか?

上記「月間転送量目安」を大幅に超過した場合に、弊社バックボーン帯域の状況により、個々のお客様サーバの帯域制限を実施することがあります。帯域制限実施時は、月間転送量目安における平均帯域を超えないように上限が設定されます。

共有回線でのトラフィック制限が適用された後、ルータ+スイッチへの切り替えを行われた際には、ルータ+スイッチ回線の通信となるため、共有回線の制限は適用されません。ただし、その後共有回線に接続を戻した場合の制限は継続されます。

制限の解除は月初日の0時より順次行われます。

弊社にて帯域制限を実施する場合、登録されている「 緊急連絡用メールアドレス 」宛て、1営業日前までに事前連絡をいたします。(ただし、緊急時はその限りではありません)

回線帯域を保証するプランはありますか?

回線帯域保証プランの提供予定は現在ありません。

サーバからスイッチ/ルータ+スイッチへの接続に制限はありますか?

サーバ側のNIC種別(標準搭載NIC/追加NIC)により、以下のような制限があります。

  共有セグメント ルータ+スイッチ スイッチ
標準搭載NIC
(1枚目のNIC)
接続可能 接続可能 接続可能
追加NIC
(2枚目~10枚目のNIC)
接続不可 接続不可 接続可能

スイッチやルータ+スイッチを通過できないパケットはありますか?

サーバから、スイッチまたはルータ+スイッチに発信されるパケットについては、以下の条件があります。

  • IPv6パケットは通過します。
  • DHCPパケットは通過します(UDPソースが68番ポート、宛先が67番ポートのものに限ります)。
  • ARPパケットは通過します。
  • ソースMACアドレスがVRRPの仮想MACアドレス(VRIDが1~4)のパケットは通過します。
  • ユニキャストパケットは通過します。
  • ブロードキャストパケット、もしくはマルチキャストパケットは以下のプロトコルのみ通過します。
    • ARP
    • DHCP
    • IPv6
    • VRRP
    • OSPF
    • RIP
  • ルータ+スイッチの場合、ソースIPアドレスがルータ+スイッチに割り当てられたIPアドレス範囲のパケットは通過します。
  • ソースMACアドレスがサーバ作成時に割り当てられたものと異なる場合は通過しません。
  • その他、上記の条件に当てはまらないパケットは通過しません。

単一のスイッチにハイブリッド接続とブリッジ接続を接続出来ますか?

すでにハイブリッド接続が設定されているクラウド上のスイッチに対して、ブリッジ接続を行うことは出来ません。
なお、ハイブリッド接続の接続先の1つとしてクラウドスイッチを指定していただくことで同等の接続を実現出来ます。

共有セグメントに接続している回線でプロミスキャスモードを使用すると他ユーザ宛のパケットが取得できてしまいましたが問題ありませんか?

通常はプロミスキャスモードを動作させていた場合でも、他ユーザ宛のパケットがそのインタフェースに到達することはありません。
ただし、L2網のフラッディング機構により、設定に不備のあるユーザや攻撃などによる異常なパケットが発生した場合は他ユーザ宛のパケットを受信してしまう場合があります。

なお、ルータ+スイッチは専用セグメントになっており、そのような事象は発生しません。他ユーザへのパケット漏えいを防ぎたい場合はルータ+スイッチをご検討ください。