オペレーションマニュアル

オペレーションマニュアルでは、目的に合わせた設定や操作手順、設定事例をご紹介しています。

StorCLIによるRAID操作リファレンス

基本書式

storcli <オプション>

コマンドの使い方、オプションはコマンドラインヘルプで確認することができます。

storcli -h

用語・短縮語

StorCLIでは出力結果に登場する色々な単語、短縮語が使用されています。

StorCLIの結果に用いられる単語・短縮語
Ctl, Controller index
コントローラーインデックス、コントローラー番号
PD, PDs, Physical disk
物理ディスク
VD, VDs, Virtual disk
仮想ディスク
EID, e, Enclosure ID
エンクロージャーID
Slot, slt, s, Slot No
スロット番号 エンクロージャーIDとの組み合わせて、物理情報「e:s」と表記される場合があります。
raid[TypeNo], r[TypeNo]
RAIDモードの種類 「raid0」「raid1」や「r0」「r1」という表現になります
コマンドのバージョンによって、引数・表現方法が異なる場合があります。

コマンドリファレンス

リファレンスで用いる値

リファレンスでは、コントローラー番号やエンクロージャーID、スロット番号は以下の値を用いています。

コントローラーインデックス(Ctl)

0

エンクロージャーID(EID)

252

スロット番号(slt)

0,1,2,3 ...

仮想ディスク番号(VD)

0,1 ...

物理ディスク番号(PD)

0,1,2,3 ...

現在の構成状態をを確認したい

構成と概要を表示する
コントローラー番号やモデル名の表示
storcli show
コントローラー情報と
物理・仮想ディスクの
接続状態を表示する
すべてのコントローラーの接続状態や「VD」「PD」情報などの表示
storcli /call show
コントローラー番号0を指定することもできます
storcli /c0 show
仮想ディスク(VD)情報を
表示する
すべての仮想ディスクの状態を表示
storcli /call/vall show
コントローラー番号0、VD1を指定する場合は以下のようになります
storcli /c0/v1 show
物理ディスク(PD)情報を
表示する
すべての物理ディスクの状態を表示
storcli /call/pall show
コントローラー番号0、物理ディスクの番号2を指定する場合は以下のようになります
storcli /c0/p2 show

RAIDアレイを作りたい

構成したいRAIDモードと、物理情報(エンクロージャー番号、スロット番号)を指定してRAIDアレイを作成することができます。


基本書式
 storcli /c[ctrl] add vd type=[raid-type] drives=e:s,e:s ... [option...]
RAIDアレイの作成 コマンド事例
RAID0
storcli /c0 add vd type=raid0 drives=252:2,252:3
RAID1
storcli /c0 add vd type=raid1 drives=252:2,252:3
RAID5
storcli /c0 add vd type=raid5 drives=252:2,252:3,252:4
RAID10
storcli /c0 add vd type=raid10 drives=252:2,252:3,252:4,252:5 pdperarray=2

Note

RAIDの構成、仮想ディスクを作成した後は、OS公式ドキュメントやヘルプを参考に、ファイルシステムの作成、パーティショニングなど必要な操作を行なってください。

RAIDアレイを削除したい

仮想ディスク(VD)を廃棄するとともに、RAID構成を削除します。

警告

この操作を行うと、仮想ディスク上のデータはすべて消去されます。
必ずバックアップしてから実行してください。

基本書式
storcli /c[ctrl]/v[vd] del [force]
削除
storcli /c0/v1 del

仮想ディスクを削除した後は、新しくRAIDを構成することができます。

RAIDが正常か確認したい

「コントローラー情報」の「VD LIST」の項目で状態を確認することができます。

代表的なState一覧(VD LIST)

Optl (Optimal)

正常な状態

Dgrd (Degrade)

RAIDの状態に異常が発生している

Rbld (Rebuild)

リビルドが実行されている

Stateに「Optimal(Optl)」以外が表示されている場合は、RAID構成のいずれかに異常が発生していることを示します。


基本書式
storcli /call show
正常時
 ...
 VD LIST :
 =======
 --------------------------------------------------------------
 DG/VD TYPE State Access Consist Cache Cac sCC Size Name
 --------------------------------------------------------------
 0/0 RAID1 Optl RW Yes RWBD - OFF 893.75 GB
 1/1 RAID1 Optl RW No  RWBD - OFF 893.75 GB
 --------------------------------------------------------------

どちらのVDも「正常(Optl)」であることがわかります。

異常時
 ...
 VD LIST :
 =======
 --------------------------------------------------------------
 DG/VD TYPE State Access Consist Cache Cac sCC Size Name
 --------------------------------------------------------------
 0/0 RAID1 Optl RW Yes RWBD - OFF 893.75 GB
 1/1 RAID1 Dgrd RW No  RWBD - OFF 893.75 GB
 --------------------------------------------------------------

VD0が「正常(Optl)」VD1が「異常(上記ではDgrd)」であることがわかります。

物理ディスクが正常か確認したい

「コントローラー情報」の「PD LIST」項で状態を確認することができます。

代表的なState一覧(PD LIST)

Onln (Online)

オンライン。正常な状態

Offln (Offline)

オフライン。コマンドにより意図的に切断されている、もしくは障害が起きている

UBad (Unconfigure Bad)

故障が起きている。DiskがRAIDコントローラーから外れた状態

UGood (Unconfigure Good)

未使用

Rbld (Rebuild)

リビルドが実行されいてる

意図的に操作・作業していないのであれば「Onln(Onilne)」以外のステータスは、すべて物理ディスクの状態が異常であることを示します。


基本書式
storcli /call show
正常時
 ...
 PD LIST :
 =======
 ---------------------------------------------------------------------------
 EID:Slt DID State DG Size Intf Med SED PI SeSz Model Sp
 ---------------------------------------------------------------------------
 252:0 1 Onln 0 893.75 GB SATA SSD N N 512B INTEL SSDSC2KB960G7 U
 252:1 3 Onln 0 893.75 GB SATA SSD N N 512B INTEL SSDSC2KB960G7 U
 252:2 2 Onln 1 893.75 GB SATA SSD N N 512B INTEL SSDSC2KB960G7 U
 252:3 0 Onln 1 893.75 GB SATA SSD N N 512B INTEL SSDSC2KB960G7 U
 ---------------------------------------------------------------------------

上記では4つの物理ディスクがすべて「正常(Onln)」となっています。

異常時
 ...
 PD LIST :
 =======
 ---------------------------------------------------------------------------
 EID:Slt DID State DG Size Intf Med SED PI SeSz Model Sp
 ---------------------------------------------------------------------------
 252:0 1 Onln 0 893.75 GB SATA SSD N N 512B INTEL SSDSC2KB960G7 U
 252:1 3 Onln 0 893.75 GB SATA SSD N N 512B INTEL SSDSC2KB960G7 U
 252:2 2 UBad - 893.75 GB SATA SSD N N 512B INTEL SSDSC2KB960G7 U
 252:3 0 Onln 1 893.75 GB SATA SSD N N 512B INTEL SSDSC2KB960G7 U
 ---------------------------------------------------------------------------

上記では「252:2」の物理ディスクに異常が発生している(上記ではUBad)ことがわかります。

リビルドの進行状況を確認したい

リビルドの進捗は以下のコマンドで確認することができます。


基本書式
storcli /call/eall/sall show rebuild
出力結果
 Controller = 0
 Status = Success
 Description = Show Drive Rebuild Status Succeeded.
 ----------------------------------------------------------
 Drive-ID Progress% Status Estimated Time Left
 ----------------------------------------------------------
 /c0/e252/s0 - Not in progress -
 /c0/e252/s1 - Not in progress -
 /c0/e252/s2 4 In progress 33 Minutes
 /c0/e252/s3 - Not in progress -
 ----------------------------------------------------------

進捗(%)と終了までの時間(分)が表示されます。