RAIDを設定する

サーバーに新しくRAIDアレイを構成するまでの手順を紹介します。

RAID設定の流れ

RAIDアレイの設定は以下の4つのステップで進めます。

  1. コントロールパネルから「RAID設定」を実行し、サーバーをLive CDで起動します。
    (サーバーが再起動します)
  2. コンソールから、RAIDアレイを構築するコマンドを入力します。
  3. コンソールからLive CDを終了するコマンド「end」発行します。
    サーバーがシャットダウンされた後、RAID構築がスタートします。(10~15分ほどコンソール画面を閉じずに待ちます)
  4. RAIDアレイの構築が完了します。

重要

  • 最後の終了コマンドを実行せずコンソールを閉じてしまうと、Live CDが立ち上がったままになり、RAID構築がはじまりません。
  • RAID設定後はインターフェースの設定が以下の設定に変更されます。
    RAID構築後は、インターフェース設定を確認して、必要があれば変更してください。

    ・ボンディング設定:LACP
    ・接続中のネットワーク:なし

Live CDを起動する

RAIDの操作はLive CDからおこないます。
「コントロールパネル>RAID設定」を実行するとRAIDユーティリティーツールが実行可能なLive CDを起動します。

  1. コントロールパネル画面左メニューより「サーバー」をクリックします。
  2. サーバ一覧から任意のサーバーを選択します。

  3. 設定 をクリックし、開いたメニューから RAID設定 をクリックします。

  4. Live CDを起動 をクリックします。
    Live CD起動の処理がスタートします。
    • Live CDを起動したあと、サーバの情報を取得するため一度サーバーが立ち上がった後に再起動がかかります。

    • 再起動の際、ストレージにOSが入っている場合は、ストレージにインストールされているOSが立ち上がります。


  5. コントロールパネルから「RAID設定」が実行されていることを確認します。
    • ステータスが「RAID設定中」になっている。

    • 画面右下に「Live CDの起動に成功しました。」というメッセージが表示されている。


Live CDの起動ができました。つづいて RAIDの作成へ進みます。

RAIDの作成

ここから先はコンソールを開き、Live CDでRAIDを操作していきます。

コンソールの起動

Live CDが起動し、RAID操作を行う準備が整ったら、コントロールパネルからコンソールを起動します。
コンソールがRAID設定のコマンドを入力できる状態で開きます。

重要

  • Live CDは、約2時間で強制終了します。

  • RAID設定を行ったあとは、項番8の終了コマンド「end」を必ず実行してください。

Live CDで利用できるコマンド

Live CDでは、使用できるなコマンドを以下のとおり制限しています。

コマンド名

説明

sudo storcli

MegaRAID搭載サーバー向けRAID設定ツール
* コマンドの先頭にsudoを付けて、管理者権限で実行してください
リファレンス内では省略している場合があります。

less

RAID設定用

more

RAID設定用

grep

RAID設定用

|

RAID設定用

end

終了コマンド

RAID設定ツール StorCLI

コマンドリファレンス

ここでは基本的な操作について触れていますが、詳しい使い方は、コマンドラインヘルプを参照してください。
また、 オペレーションマニュアル にコマンドリファレンスを用意しています。ヘルプとあわせてご覧ください。
コマンドラインヘルプを表示する
 storcli -h

構成と概要を表示する
コントローラー番号やモデル名の表示
storcli show
コントローラー情報と
物理・仮想ディスクの
接続状態を表示する
すべてのコントローラーの接続状態や「VD」「PD」情報などの表示
storcli /call show
コントローラー番号0を指定することもできます
RAIDアレイを作成する
RAIDを構成する場合のコマンド書式は以下の通りです。
基本書式
 storcli /c[ctrl] add vd type=[raid-type] drives=e:s,e:s ... [option...]
RAID1を構成する場合は以下のような記述となります
storcli /c0 add vd type=raid1 drives=252:2,252:3

設定の保存とLiveCDの終了

コマンドラインの操作が終わったら、終了コマンドを発行し、Live CDを終了します。
Live CDを正常に終了することで、RAIDアレイの構築がはじまります。必ず実行してください。

  1. Live CDを終了します。
    リモートコンソール内のターミナルで「end」コマンドを実行してください。
    | リモートコンソール内の [ x ] ボタンやサーバーの電源をオフにせずお待ちください。 | end コマンドが実行されると、構築システムがRAID設定を正常終了するための処理を開始します。 | この処理の完了には10~15分程度時間がかかります。 |

    重要

    リモートコンソール内の [ x ] ボタンやサーバーの電源をオフにせずお待ちください。
    end コマンドが実行されると、構築システムがRAID設定を正常終了するための処理を開始します。
    この処理の完了には10~15分程度時間がかかります。


  2. コントロールパネルで、RAID設定が正常終了していることを確認します。
    • サーバーステータスから「RAID設定中」が消えている

    • 情報通知に「RAID設定が成功しました」と表示されている

RAID設定に失敗した場合

RAID設定を実行したサーバーに警告通知として以下のメッセージが表示されることがあります。

このメッセージはRAID設定のLive CDを起動したあと、長時間操作されなかったために強制終了 *1 したことを意味します。
リモートコンソールでRAIDアレイを設定した後「end」コマンドを利用して終了することによりLive CDが正常終了します。
*1 : RAID構築のシステムは操作しない時間が2時間経過すると、Live CDを強制します。)
../../../_images/raid_setup_7.png
  • 強制終了が発生したことによって設定したRAID構成等が破棄されることはありません。 もう一度、Live を起動 してRAID設定ツールをつかって構成情報を確認することができます。

重要

RAID設定の異常終了について:

RAID設定の強制終了が原因で、RAID設定に失敗した場合「インターフェース設定がコントロールパネル上の表示と一致しなくなる不具合」が発生することが確認されています。
この不具合は「RAID設定」をもう一度起動し、正しく終了させることで解消します。 以下の手順を参考に操作を行ってください。
  • 「RAID設定」実行 → Live CD上からRAIDユーティリティーツールを起動 →「end」コマンドを実行、RAID設定を正常に終了させる