【ウェブアクセラレータ】 よくある質問(FAQ)

さくらのクラウド ウェブアクセラレータにおけるよくある質問集です。

キャッシュされているファイルの一覧をAPIなどで取得することは可能でしょうか?

現在キャッシュファイルの一覧提供機能は用意しておりません。

キャッシュ削除APIで指定できるURLは最大100個までと記載されていますが、100個以上のファイルを削除したい場合はどうしたらよいでしょうか?

1リクエストで100個削除できるので、複数回リクエスト頂ければ100個以上のキャッシュ削除が可能です。

動画の配信は可能ですか?

1GiBの最大容量内であればファイル形式に制限はありません。

TXTレコードを指定してドメイン認証が行えるとのことですが、TXTレコードを使用すればCNAMEの設定は必要ないということでしょうか?

稼働中のドメインのAレコードを削除してCNAMEの設定を行うと、サイトが全断してしまうので 事前にドメイン保有を確認するためにTXTレコードによる認証を行っております。 実際のキャッシュ配信にはCNAMEレコードの設定が必要です。

オリジンサーバの指定はIPアドレスのみでしょうか?FQDNなどでの指定はできないのでしょうか?

2017年8月3日以降、オリジンサーバのFQDN指定が可能となりました。

SSLでのキャッシュ配信には対応していますか?

*.webaccel.jpのサブドメイン配信であれば、httpsをつけることでSSL配信が可能です。 独自ドメインでの利用の場合はお客様ご自身で秘密鍵とサーバ証明書の登録を行っていただくことでSSL配信が可能になります。 なお、ワイルドカード証明書やマルチドメイン証明書、http/2にも対応しております。

※ オリジンへのアクセスはhttpに加え、2017年12月1日以降は https にも対応いたしました。

オリジンサーバはどれでもよいのでしょうか?

独自ドメイン利用の場合

独自ドメインでの利用の場合はドメインのCNAMEレコードを編集できること、 サーバ側でキャッシュ配信したいファイルにHTTPレスポンスヘッダーである “s-maxage=XXXXX” を付与できることが必要です。 HTTPレスポンスヘッダーは .htaccess などで設定することが可能です。

サブドメイン利用の場合

お客様のサーバ設定で、*.webaccel.jp のアクセスをキャッシュ配信したいファイルが有るディレクトリに設定できることが必要です。 VPSなどの root 権限をお持ちのサーバであれば問題ありません。 その上で、キャッシュ配信するファイルのURLが変わりますので、HTML上のファイルパスを編集できることが必要です。

※どちらの場合もバーチャルホストの設定を行い、独自ドメイン/サブドメインのアクセスを受け取れることが必要です。

独自ドメイン利用とサブドメイン利用はどちらがよいのですか?

それぞれメリットとデメリットがありますので、以下をご確認ください。

独自ドメイン利用の場合

メリット

  • お客様がお持ちのドメインをそのまま利用できます。

デメリット

  • CNAMEレコードを設定する必要があるので、http://example.jp といったサブドメインなしの状態には原則設定できません。 http://img.example.jp のようにサブドメインを設定する必要があります。
  • DNSの機能を利用するので、TTLによっては即時反映ができない場合があります。

サブドメイン利用の場合

メリット

  • DNSを利用しないのでキャッシュ設定の反映、解除がスピーディにできます。

デメリット

  • ファイル名が http://*.webaccel.jp/wp-content/image.jpeg のようになり、お客様のドメインではなくなります。
  • お客様側のコンテンツの一括置換等が必要になります。
  • オリジンサーバでバーチャルホストの設定が必要になります。

DRM等の仕組みはありますでしょうか?

公開されているURLに対してリクエストがあればファイルを配信いたしますので、DRMや認証の実装はお客様側で実施して頂く必要があります。

IPアドレスなどのアクセスログを閲覧することはできますか?

アクセスログの提供は行っておりません。

DNSラウンドロビンで複数サーバを運用しているのですが、ウェブアクセラレータは使用できますか?

FQDNで指定することで利用可能です。現在オリジンサーバの複数IPアドレスには対応しておりません。

どれぐらいで申し込み完了しますか?

サブドメイン利用であれば申し込みから最短5分程度で利用可能になります。

ストレージは用意してもらえますか?

ストレージの提供は行っておりません。

キャッシュ時間の制御はできますか?

HTTPレスポンスヘッダー “s-maxage:“ の値を記載することでキャッシュ時間をコントロール可能です。

設定例:キャッシュ時間を1日に設定 “s-maxage:86400“

キャッシュ時間はどれぐらいにするのが良いですか?

キャッシュ時間については、トラブルシューティングに詳細を記載しております。

データセンターはどこにありますか?

東京と大阪の2拠点にあります。
エンドユーザからのアクセスは適宜両拠点に割り振られますので、アクセスする拠点を選ぶことはできません。

オリジンの負荷はどれぐらい削減できますか?

お客様の環境やキャッシュ時間によって変動するので、一概にお伝えすることはできません。

独自ドメイン利用の場合の設定時間はどれぐらいかかりますか?

お客様のDNS設定状況によって変わるため、一概に回答ができません。
すでに稼働中のサイトのAレコードを削除してCNAMEレコードを設定する場合は、AレコードのTTL分反映が遅れる可能性があります。

設定するときにサイトのサービスを止める必要はありますか?

既存ドメインを流用してウェブアクセラレータを利用される場合のみ、ダウンタイムが発生する可能性があります。 事前準備によりダウンタイムを極力短くすることはできますが、お客様DNSでの作業になるため、弊社として保証することはできません

さくらのレンタルサーバで利用可能でしょうか?

さくらのレンタルサーバでもご利用いただけるようになりました。

ご利用には、DNSのゾーン編集など、上級者向けの設定を行うため作業には注意が必要です。 また、提供中のサイトのサービス断が発生する場合があります。